忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『J.S.バッハ』礒山雅


J・S・バッハ
J・S・バッハ


バッハはゴシックではなくて

バロックの時代の人なんだけど、

立ち読みした感じゴシックにも通じる

アンビバレンスについて

書かれてるぽくて、挑戦。



まずバッハが生きた時代って、

音楽がバロック様式から古典様式に

移り変わる節目の時代で、

社会面でも、ルターの宗教革命

職業の世襲制の崩壊みたいに

「変革」の時代だったんですね。



そういった中でバッハは、

バロック的要素 ⇔ 新しい音楽の要素

の矛盾相克を生きた。

もっというと、上手く止揚させて、

独自の音楽を生み出した。



そしてバッハは、楽譜への書き込みが

事細かであることで知られてるらしいのですが、

実際のバッハの演奏は、

とても即興的だったのだろうという分析。

むしろ、即興的だったからこそ、

細かい指定が必要だったのではないか?

というアンビバレントな

解釈が述べられています。



そのため礒山氏オススメのバッハの演奏は、

楽譜に忠実に、きっちりかっちりというより、

ジャズ・アレンジなど、

自由なリズムでなされたものなんだそう。




「バッハはロックの元祖」

なんてたまに聞きますけど、

そういう「斬新さ」「即興性」を

上手く取り込める人だったっていうのが、

理由のひとつに挙げられるかもしれません。



また、教会音楽を

一般人のためのカンタータに

転用したりして、

「聖」のための音楽 ⇔ 「俗」のための音楽

という次元も、やすやすと超えていたようです。



それでも再三言われているのが、

「神こそがバッハにとっては

 一番の聴衆だった」
ということ。

そのため、バッハの音楽は常に

荘厳さを持って響くのだ、と。



このほか、資料からわかるかぎりの

バッハの人柄・生活などにも触れられていて、

バッハを身近に感じられ、

読みやすいながらも

充実した内容
になってます。

新書でこんな満足感あるの久しぶりだな。



影響されて文中で紹介されていた

ジャック・ルーシェのジャズ・アレンジを

聴いてみました。

よかったです。

クラシック&ジャズお好きな方は、zehi。

拍手[0回]

PR

マッハで今年を振り返る 〜音楽編〜


私の2006年はスガシカオに始まった!!

といっても過言ではない。

05年末のTVで顔を見、

「ひょっとしたらこの人、すっごい好みかもしんまい」

と思ってはや12ヶ月。

11月には人生初の「ライヴ」ってものを、スガシカオで飾っちゃいました。

折りよくスガシカオもデビュー10周年で活動が精力的、

うれしいファン元年とあいなりました。



Switch (Vol.24No.10(2006Oct.)) PARADE (初回限定盤)(DVD付) ALL SINGLES BEST



それから、エントリ書きそびれたけどSHAKIRA(シャキーラ)との出会いもありました。

南米コロンビアの女性歌手ですが、

裏返ったようなウィスパーボイスのようなあえぎ声のような

独特な歌い方をする方です。

楽曲もラテンのリズムで私好み。

入った飲み屋で流れていて「一耳ぼれ」、

店長さんに歌手名を聞き、ついでに仲良くなり、と思い入れ深い歌手となりました。



Laundry Service フィハシオン・オラル vol.1 オーラル・フィクゼイション vol.2

拍手[0回]

ボーイズ・エアー・クワイア『バッハ』


Boys On BACH
Boys On BACH



なんだか最近、癒し系の音楽しか聴きたくありません。

卒論上がって気持ちが落ち着いたのか、

はたまた疲弊して安らぎを求めているのか。



あとはバッハが聴きたかったんですよね。

今年はモーツァルトイヤーだったらしいですが、

私はだんぜんバッハ派です。

バロックバロック。



そして出たアタリがこれ。

ボーイズ・コーラスの少人数ユニット(このCDでは9人)、Boys Air Choir。

ただでさえ美しいバッハの旋律を、

汚れない歌声で編み上げています。



ボーイズコーラスってのは実は初めて聴くんだけど、

やっぱ成人女性の歌声とはちがうんだね。

透明感はあるけど丸みがないというか、

ほんとうに子どもの声ってかんじ。

ちょっとキンキンしてる。

でもそれが清らかさを感じさせる。

さわやかな気分になります。



やっぱ『主よ、人の望みの喜びよ』はいいなぁと再認識。


拍手[0回]

マドンナ『ウルトラ・マドンナ~グレイテスト・ヒッツ』『グレイテスト・ヒッツ VOL.2』


ウルトラ・マドンナ~グレイテスト・ヒッツ
ウルトラ・マドンナ~グレイテスト・ヒッツ



グレイテスト・ヒッツ VOL.2
グレイテスト・ヒッツ VOL.2


まだ聴いてる途中なんだけど、それぞれのさわりを聴いて

「マドンナの音楽は『マドンナらしくある』のではなく、『ミュージック・シーンの先端』なのだな」

と思った。

アルバムごとにプロデューサーを変え、曲調をがらりと変えるというのは聴いていたけれど、ここまでとは思わなかった。

マドンナの楽曲を追うだけでミュージック・シーンの歴史を追えるのではないだろうか。



マドンナ真実の言葉
マドンナ真実の言葉



『マドンナ 真実の言葉』というマドンナ語録があるのだけれど、後輩の子がマドンナ好きというので立ち読みだけした。

そのとき読んだ

「マリリン・モンローは被害者だった。でも、私は違う」

という言葉を思い出す。

マリリンのように、消費物とされないために。

被害者とならないために、マドンナは戦い続けてみせているのだろうか。



知の技法―東京大学教養学部「基礎演習」テキスト
知の技法―東京大学教養学部「基礎演習」テキスト



私がマドンナという人を初めて見たのは高校の図書館にあった『知の技法』で(レコード屋でなく図書館だったというのがいかにもで泣ける)、そこには彼女のヌード写真集について書かれていた。

内容はトンと憶えていないのだけれど、図版として載せられていていたサイボーグのような彼女の肉体を思い出す。

鍛え抜かれた筋肉は、欲情を催させることを目的とはしていないように見えた。

あれは、消費物とされた「女性」……マリリンに集約される……を代表しての、マドンナなりの復讐ということになろうか。



SEX by MADONNA―マドンナ写真集
SEX by MADONNA―マドンナ写真集



森村泰昌が『サイコボーグ』シリーズと題してマドンナに扮していたのも、そういう経緯があったのかな。

などと、遅めのマドンナ覚醒を果たした私は思っている。

拍手[0回]

『PARADE』スガシカオ


PARADE (初回限定盤)(DVD付)
PARADE (初回限定盤)(DVD付)



スガシカオにハマって早9ヶ月。否、まだ9ヶ月?

New Albumが出ました。幸せ。

「ライブで踊れるようなアルバムにしたかった」

という本人の言葉どおり、全体として明るい印象の1枚です。



とはいえ、もちろんスガシカオ的な「憂鬱さ」「ダークさ」……というような要素も健在。

いちばん明るい曲調の『午後のパレード』だって、よく読むと歌詞、湿っぽいもん……。

そうやって明るい曲に湿っぽい歌詞暗い曲に優しい歌詞を付けられちゃうところ、相変わらずこの人は巧みだな〜なんて思います。

人間的な円熟も見えつつ、スガシカオらしさは失ってない感じ。

えぇ、だから好きですよ、このアルバム。

毒も優しさも胸をつぶしてきます。きゅんきゅん。



ちなみにいちばん好きなのは『38分15秒』。

えー、J-Popでは初の試みでありましょう、テレフォンS●Xを題材にした曲にございます。

でもこの人、実はえろい曲ほどオチは正統派恋愛だったりするんだよな。この曲もそう。

拍手[0回]

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]