忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『借りぐらしのアリエッティ』のエロさに全私が悶死したでござるの巻

借りぐらしのアリエッティ [DVD]
B00361FLDQ


イヤ私だってね

これが子ども向け映画だってことはわかってるんですよ!

映像と音楽も素晴らしかったですよ!
今までのジブリにはないカメラワークは迫力がありましたし
アリエッティたちが人間の小物を使っている生活の場面は
見ていてワクワクしましたよ!

物語としては緩急弱めだし
アリエッティの主張する「借り」の正当性は論理性に欠けるけどさ!
(オメーそれは寄生やっちゅーねん『サナダムシ』聴いて出直せや)

けど! エロいの、翔くんが!!
12歳男児が! エロいの!!!



以下、私が感じる翔くんのエロさを延々と語っていくだけのターン。

いつもより内容が酷い&長い&盛大にネタバレなので、白で書きます。
覚悟の無い者は容赦しないッ! 範囲選択で反転させて読んでね!


拍手[25回]

もーとりあえずエロすぎびびった。

翔役の神木隆之介さんの声がなまめかしすぎる。

で、主人公のアリエッティがこびとで、
カメラワークも彼女の視野を再現してるとかで、
構図が翔くんの口元のどあっぷとかだったりする。

口元ってかくちびるですよね。
そのエロ映像に! そのエロ声を! 当てるか!!
エロの相乗効果にも程があるわ!!



んでまた翔くんの言葉攻め列伝がいい意味で酷すぎる。

アリエッティに初めて掛けた言葉は
「怖がらなくて、いいよ」
初夜かよ!!

つか怖ぇに決まってるよ、なんで
"人間に見つかってはいけない"を
掟にしてる一族の子にわざわざ
「今日、庭で、君を見掛けたよ……。」
なんて言うんだよ! 脅しかよ!!

これで翔くん、まずは軽く精神的優位に立つことに成功するんですね。
この関係性がサディスティックでひとまずエロい。

いや、翔くんの側としてはアリエッティに興味があって、
あわよくば仲良くなりたいって思ってるだけなんでしょうけど。
にしても、なんかどっかエロティックなサディズムを感じる……。
たぶん「怯えさせてる」からなんだろうなぁ。



翔くんに見つかったことでアリエッティは盛大に凹みますし、
翔くんに目撃されたときに落とした角砂糖が
自分たちが使っている通り道の前に
「わすれもの」という手紙と共に置かれていて、
活動経路までバレた、もうダメだ状態。
翔くん圧倒的に精神的優位です。

そこで一旦は放置しようとした角砂糖を、
結局自分の手で翔くんの元に「返しに」行くとこが
むだに律儀っつーかアリエッティのプライドの高さが
上手く表されたエピソードですね。

気の強い女はいいですね。
もっと言うと気の強い女がドSな男に陥落するのは
とてもいいものですね。
つまりこの作品なんですけどね。



で、この角砂糖返しに行ったところで
「名前は? あるの?」
「アリエッティ」
「アリエッティ。いい名前だね」
のやりとりがされます。
アリエッティの影だけが見えるカーテン越しに。
オイコラ何だそのシチュエーション、平安貴族かよー

もー私、そこまでは我慢できてたんですけど、
このやりとりでとうとう「うっわーーーーーーー」
みたいな煩悶状態になりました。

何でしょうね、名前の訊き方がなまめかしすぎて
「君との仲を深めたいんだ」
っていう無言のメッセージが聞こえたからでしょうかね。
だとしたら私の耳も大概よく訓練されている!!

で、このやりとりの後にカラスに襲われそうになった
アリエッティを翔くんが助け、アリエッティの翔くんへの気持ちが
(恐らくここで)ポジティブなものに変わります。

それでも隠してくれた翔くんの手の中に長居せず、
翔くんが気付かぬ間に立ち去ってしまったあたり、
アリエッティもやることが色っぽいですよね。
翔くんはますますアリエッティへの興味を強めます。
いい女ですねアリエッティ、秘密は女の香水ですね。



順序忘れちゃったんですけど、確かこれに前後するタイミングで
翔くんからアリエッティにポピーの花つきのラブレターが贈られます。
「わすれもの」と違って、この手紙の内容は観客からは見えませんけど
状況から判断してラブレターに類する内容でしょう。

それをためすがえす見返しながら
「うー///」
ってベッドでのたうちまわるアリエッティ、
完全に「恋する乙女」の顔です。

・美声
・恐怖こみで精神的優位に立つことで吊り橋効果
・命を救って恩人になる
・可憐なポピーの花付きラブレター

ここまでやれば異種族の女の子もオトせますね、そら。
翔くん手だれです、公式設定12歳だそうですが
たぶん非童貞だと思います。



んで、とうとう野の花が咲き乱れる庭でのシーンです。

花が風に揺れているきらきらしているのを背景に、
アリエッティは初めて翔くんに「まともに」
「自分の意思で」姿を見せます。

それを見た翔くんの台詞が揮っていましたね。
「きれいだね……。」
初夜かよ!!(二度目)



で、件の借りぐらし一族に関するアリエッティの
弁解になってない弁解がありまして、翔くんは
「君たちは滅びゆく種族なんだよ」
と、アリエッティが最も不安に思っているとこを
ダイレクトに突きます。

これ、アリエッティが借りぐらし一族の男の子の名前を口にしたから、
翔くんがジェラシってたんですね……!
私読解力ないから★インタビュー読んで初めて気付きましたァン(ノ∀`)

でもここたぶん、監督も神木さんも、あえて嫉妬していることを
顔にも声にも出さないようにしてますよね!
不機嫌を顔に出さず、いつもの柔らかい声の調子で
「君たちは滅びゆく種族なんだよ」
すっげーサディスティック。

発言の内容も「好きな子についしちゃう意地悪」
にしてはハードすぐる。
死ぬかもしれない病気を抱え、家族との関係も希薄で、
生きることに対してヤケになっている翔くんの
ダークサイド設定が光ります。

さすがにアリエッティ泣いちゃって
翔くんもここであわわってなって、
自分のアリエッティへの思い入れの強さを
自覚する契機になるんでしょうけども。



あとはアリエッティのお母さん奪還のための
翔&アリエッティの大冒険→別れの朝、と
比較的健康的な関係が繰り広げられます。

ここまで来ると
「これだけ絆を深めても、結ばれえない異種族のふたり」
みたいになって切なさも味わえるようになるんですが

いかんせんここまでの展開が不健康すぎる……。

翔くんの興味・好意は何であんなにジトジトしてるの……。
翔くんは自分の欲望を相手に押し付けることに
慣れていないので我慢しましたが、たぶん内心
アリエッティのことをずっとドールハウスに軟禁して
自分の傍にいさせ続けたい、とか
めちゃくちゃに壊して自分だけのものにしたい、
くらい思ってると思いますよ!

後者は言いすぎか……。
でもこびとを好きになるって時点でアブノーマルですよね……!



まぁ、こんな感じで……。

他人(職場とかで接するふつうの人たち)に感想を求められても
「ふつうでした(苦笑)」
みたいに答えてますし、事実映画としての出来は
ホントそんな感じだと思うんでオススメはしづらいんですが、
個人的にはどハマりしてます。

どのくらいどハマったかというと、
アリエッティ観たのレイトショーだったんですが、
帰宅してそのまま勢いで翌日の昼までかけて
アリエッティのエロパロ描いちゃうくらいのハマりようです。

pixivに上げてあるからてきとうに「翔アリ」「R-18」タグで
検索してみてください。鉛筆描きだから汚いよ!



にしてもお前ハマるにしたってちょっと度が過ぎるだろうと思ったアナタ。

これ某所ではしょっちゅう書いてて、
おじいちゃん、そのネタはもう使ったでしょう状態なんですが
私のいわゆる「性の目覚め」といいますか
世の中から「これが一般的にエロいとされてる」
と教わった規範ではなく自発的内発的に
「こ れ は エ ロ い」
となった初めてのものが、人間の女の子が
自分の背と同じくらいの大きさの巨人のペニスを
「へら」させられてる画像 だったんですよ、っていう……。

クリスチャン育ちでマゾヒスト根性叩き込まれてたからか、
そういう「自分を圧倒するもの」に対して感じる畏怖心、
欲求みたいなものが人よりちょっと多めなんだと思うんですが……。

ピーターパンがティンカーベルをおしりペンペンする
gif動画もけっこうグッと来た。
『南くんの恋人』はなぜか「来ない」んですよね、
男視点だからかな。



あーあと、アリエッティえろい! って言ってる方は
私以外にも(Twitter界隈に)複数人おられるんだけど、
全員女性なんですよね。

男性にはあまりこのエロさは「来ない」のかなぁ。
まぁ主因が「神木隆之介さんの声のエロさ」だからな、
女向けのエロさだよな。

物語の内容としては自宅でDVD、でも全然オッケーな類の
作品だとは思いますが、(それこそアリエッティのように)
全身を翔くんのエロボイスで包まれたい、という女性の方は
上映期間終わらないうちに映画館に向かわれることを
おすすめします。☆ミ
PR

Comment

無題
  • りょま
  • 2010-09-02 01:29
  • edit
なるほど。エロス。
>竜馬伝
  • 紫式子 〔管理人〕
  • 2010-09-02 22:20
ご理解いただけて嬉しい。
萌えたぎっている私を想像してニヤニヤしてくれたらいい。
無題
  • 大魔神
  • 2012-12-30 21:11
  • edit
確かに見てて思ったことと一致する


CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]