忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

初めての宝塚観劇をなさる方へ

昨夏、本場・宝塚大劇場で宝塚歌劇を初鑑賞してから1年とちょっと。
紫式子日記 ざっくりとした旅の記録in宝塚
何だかどんどん「ヅカ熱」が昂ってきて、
今ではTwitterで言及しない日はない位に
なってしまいました。紫式子です。

ご迷惑をお掛けしている、そのお詫びといってはなんですが、
「宝塚初めて観ることになったよー」
という方に、アドバイス的なものをさせていただこうかと。
宙組の銀英伝で宝塚初観劇するという方がちらほらおられるので。
お節介させてください。

今日も観劇してきたのですが、
初めての方をお連れしたので、その経験も踏まえて。

ちなみに私の経験値↓ 私も全然にわかです。
1回目:昨夏、宝塚大劇場で月組『アルジェの男/Dance Romanesque』
2回目:今月頭、東京宝塚劇場で月組『ロミオとジュリエット』
3回目:今日、名古屋で星組全国ツアー『琥珀色の雨に濡れて/Celebrity』

※今日の感想は(ざっくりしたものですが)↓に書いてあります。
こけ式:『琥珀色の雨にぬれて』『Celebrity』 | 星組 | 全国ツアー | 宝塚歌劇

拍手[3回]

PR

Rose de Reficul et Guigglesパフォーマンス「Dark Marchen Show!!」on 2010.02.27 @parabolica-bis(4/4)


長くなってしまったので、分割して書いています。
1/4 上演前、メンバーの皆様と
2/4 パフォーマン(前半)
3/4 パフォーマンス(後半)
4/4 上演後、質疑応答



パフォーマンス終了の後、15分の休憩を置いて
ロウズ・ファミリーの皆さんへのインタビューが行われました。

ロウズさんはワインを手にして、名古屋でのプルミエのときより
かなりくつろいだ雰囲気でした。

司会はパラボリカ・ビスで人形展を開催中の清水真理さん。
知的ながら親しみやすい、和やかなムードで進行してくださいました。

拍手[3回]

Rose de Reficul et Guigglesパフォーマンス「Dark Marchen Show!!」on 2010.02.27 @parabolica-bis(3/4)



長くなってしまったので分割しています。
1/4 上演前、メンバーの皆様と
2/4 パフォーマンス(前半)
3/4 パフォーマンス(後半)
4/4 上演後、質疑応答

狂乱と混沌、自己侵犯する美の戦場!
パフォーマンス後半です。



(※)お断り
ロウズ・ファミリーのパフォーマンスは
ロウズさんの思い描いた精神的な世界を表現したものなので、
明確な筋立てやセリフがありません。

(ギグルスさんは、寝ている間に見る夢のようなもの、と表現していました。)

各場面は理論的につながっていないように見えることがありますし、
解釈も個々人にゆだねられています。
ここで画像に付記してあるのはあくまで私の解釈です。

寓意などが読み取れる部分もありましたが、
その読み取り方を押し付けたくないので、敢えて書かずにおきます。

それよりも、舞台の雰囲気を感じていただきたいので、
画像を中心に投稿しています。



以下、画像大量なので閲覧時はご注意ください。


拍手[3回]

Rose de Reficul et Guigglesパフォーマンス「Dark Marchen Show!!」on 2010.02.27 @parabolica-bis(2/4)

長くなってしまったので分割して書いています。

1/4 上演前、メンバーの皆様と
2/4 パフォーマンス(前半)
3/4 パフォーマンス(後半)
4/4 上演後、質疑応答



予定よりやや遅れて、19:45頃パフォーマンスは幕を開けました。

電話をしていたせいで、ちょっと遅めに中に入ることになったわたくし。
空いてる席が最前列真ん中だけです。
えぇ、座りました。座りましたとも。
横にいた方に「勇者だ……」って言われながら!

照明が落とされました。
ダーク・メルヒェン・ショウのはじまりです。




(※)お断り
ロウズ・ファミリーのパフォーマンスは
ロウズさんの思い描いた精神的な世界を表現したものなので、
明確な筋立てやセリフがありません。

(ギグルスさんは、寝ている間に見る夢のようなもの、と表現していました。)

各場面は理論的につながっていないように見えることがありますし、
解釈も個々人にゆだねられています。
ここで画像に付記してあるのはあくまで私の解釈です。

寓意などが読み取れる部分もありましたが、
その読み取り方を押し付けたくないので、敢えて書かずにおきます。

それよりも、舞台の雰囲気を感じていただきたいので、
画像を中心に投稿しています。



以下、画像大量です。閲覧時はご注意を!


拍手[4回]

Rose de Reficul et Guigglesパフォーマンス「Dark Marchen Show!!」on 2010.02.27 @parabolica-bis(1/4)

12月にわたくしがプレミエ上映レポートを書いた、
寺嶋真里監督の★『アリスが落ちた穴の中』という映像作品がございました。

これに出演なさっていた
Rose de Reficul et Guiggles(ロウズ・ド・レフィクァル・エ・ギグルス)
通称「ロウズ・ファミリー」の皆さまのパフォーマンスが、
2月27日(土)、浅草橋パラボリカ・ビスにて、清水真理さんの人形展
「片足のマリア〜Strange Angels Garden〜」
タイアップ企画として行われました。



今回も、パフォーマンスの前後の出来事すべてを書きたいので
分割させていただきますね。

1/4 上演前、メンバーの皆様と
2/4 パフォーマン(前半)
3/4 パフォーマンス(後半)
4/4 上演後、質疑応答



パフォーマンス自体は19:30からの予定だったのですが、
準備のために17:00から清水さんの人形の展示が見れなくなるということで
16:30にパラボリカ・ビスに行っておったのですね、わたくし。

いらっしゃいました。

ちょうど階段(ビスは2階建て)から降りていらっしゃるギグルスさんと、
ロウズ・ファミリーの写真を撮りつづけている中村趫先生に遭遇。
Wイケメン(笑)。

ごあいさつして、ギグルスさんには厚かましくも、
12月に買った写真集にサインをいただきました(笑)
中村先生には12月のときにすでにもらってある(笑)

「最初にいただいてるのが中村先生のサインってのがアツいと自負しているんですが!」
って言ったら
「いやー、アツいですねー!!」
ってノッてくださった。
めちゃくちゃいい人(ノ∀`*)



ひとまず階上へ。
2階は販売スペース兼喫茶スペースになっています。
喫茶スペースに長机が用意され、物販が行われている横に……

いらっしゃいました。

拍手[7回]

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]