忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Rose de Reficul et Guigglesパフォーマンス「Dark Marchen Show!!」on 2010.02.27 @parabolica-bis(3/4)



長くなってしまったので分割しています。
1/4 上演前、メンバーの皆様と
2/4 パフォーマンス(前半)
3/4 パフォーマンス(後半)
4/4 上演後、質疑応答

狂乱と混沌、自己侵犯する美の戦場!
パフォーマンス後半です。



(※)お断り
ロウズ・ファミリーのパフォーマンスは
ロウズさんの思い描いた精神的な世界を表現したものなので、
明確な筋立てやセリフがありません。

(ギグルスさんは、寝ている間に見る夢のようなもの、と表現していました。)

各場面は理論的につながっていないように見えることがありますし、
解釈も個々人にゆだねられています。
ここで画像に付記してあるのはあくまで私の解釈です。

寓意などが読み取れる部分もありましたが、
その読み取り方を押し付けたくないので、敢えて書かずにおきます。

それよりも、舞台の雰囲気を感じていただきたいので、
画像を中心に投稿しています。



以下、画像大量なので閲覧時はご注意ください。


拍手[3回]


醜い仮面を着けるロウズ、皆は糾弾するように彼女を指差す。



ロウズは駄目バレリーナをつかまえ、彼女に仮面を押し付ける。
指を指されるのは駄目バレリーナに代わり、彼らはロウズが
平然と立ち去ったことに気付かない。


彼らはそこに、絡まった糸玉とリボンを見出す。
互いの手に絡めあい、掲げあう。
リボンによって5人は1つに結ばれる。



ロウズの歌をバックに。


毛糸とリボンはおもちゃの羊に巻きつけられる。
5人は再びロウズを見出し、彼女の下に集う。




「永遠の午後3時」のポーズ。


劇終。



お疲れ様でした!

PR

Comment

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]