忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  

『COLLECTION SIMPLE PLUS』ALI PROJECT

COLLECTION SIMPLE PLUS
COLLECTION SIMPLE PLUS


ベストアルバム『薔薇刑』も出ておるのですが、
買った後輩から
「ふつうのアルバムのがいいです」
と言われ、タイトルに聞き覚えのある曲が多い
アルバムをセレクトしてみた。

13曲中、最初の6曲はいわゆる
「白アリ」と呼ばれる楽曲で、
歌詞もメロディも明るく、
優しい色調。

でも歯の抜けた感じというか、
なんかこう、砂糖菓子ぽくて
ウソ臭さを感じる。


やはり『コッペリアの棺』以降の
ダークな、短調の「黒アリ」が
彼らの魅力を最大限に
活かすテイストなのだな、と。

後半の曲はどれも良いです。
『未來のイヴ』って、
四谷シモンの人形に
澁澤が付けた名前だよね?

拍手[0回]

PR

『娯楽(バラエティ)』東京事変

娯楽(バラエティ)
娯楽(バラエティ)


『大人』にあんましハマらなかったので
「レンタルでい~や~」
「あれ今日も借りられてるー
 また今度でいーやー」

なんて思ってたら今頃に・・・_| ̄|○・・・

今回林檎ちゃんは作詞オンリー、
作曲は他のメンバーが手がけていて、
いろんな曲調を実験的にやってる感じ。

まぁ、メンバーがメンバーなので
実験も何も、何やっても
こなれて聞こえますけど……

パッと聴きはそんなにパッとしないけど、
何かやりながら流しておく、
作業用BGMにすると居心地がいいかも。

でもそれって、














よね。。。

拍手[0回]

『天までとどけ』中村中

天までとどけ
天までとどけ


あまりにも聴くものが偏っているのに危機感を覚え、
TSUTAYAで気になってるのをガサッと借りてきた。

まずは中村中。
もう今更「なんて読むの?」なんて人もいないっしょ。
いない……ですよね……?


すごく、いいですね。

1曲目『駆け足の生き様』なんかはオトコ声使って、
歌詞の世界ともあいまってオザキっぽい雰囲気ですけど、
オザキの持ってた女性的な繊細さ・美しさを強調した感じ。

宇多田がカヴァーした『I Love You』とか、
オザキ曲って意外と女声のが合ってたりしますよね。


他は昭和歌謡風やジャズ風の楽曲が入っていて、
これがまた中村中の声に合う。

林檎ちゃんみたいな昭和歌謡風だと
コテコテというか、わざとらしさが楽しいけど、
ボーイソプラノの清潔さに通じるこの人の声だと、
せつなさ・痛さがストレートにこっちに届く。

プロデューサーの戦略が当たってるんだと思う。


歌詞も、歌詞カードの写真も、
CDの後ろに向かうにしたがって
「少年」から「少女」、そして
「成熟した大人のオンナ」になっていく構成。

「ゴス展」で見たピュ~ぴるさんの
展示を思い出しました。


ピュ~ぴる、美輪明宏に連なるワタシ内
三大アンドロギュノスとして奉ろう

拍手[0回]

『Bubble Trip』土屋アンナ


★「パラトリ」Webサイト

シャンプー「ハーバルエッセンス」とのタイアップ曲。
今日薬屋の店頭で見た。

かわいめゴシックとパンクが混ざった感じ。
さすがKERA的カリスマ。
サビ部分は、Webサイトでも見れるcfから。
人魚姫、マリー・アントワネット、親指姫?

グウェン姐さんを髣髴とさせるおね。

拍手[0回]

マキシム「ピアノ・ソロツアー2007春」於すみだトリフォニーホール/『エレクトリック』


MAKSIM 公式サイト



エレクトリック
エレクトリック


なんどかこのblogでも取り上げたので

知ってる人は知ってると思われるが……



大好きなイケメンピアニストでして、

(自称)ファン暦5年目にして、やっと!

コンサート行ってきました〜



場所は、錦糸町の「すみだトリフォニーホール」大ホール。

クラシック音楽をデジタル・アレンジしているという、

その技法が好きでずっと聴いているのですが、

ステージにはグランド・ピアノ1台。

聴こえる音も、ピアノだけ。


……「ピアノ・ソロツアー」ってそういうイミかぁ(ノ∀`)



でも、その分マキシムの

「生音」を体感できました



すごーく、繊細な演奏をするんですよね!

音が、フォルテでも「か細い」っていうか、

すごく機微に富んだ音を出す。



ショパンの「夜想曲」なんかは、

演奏家によって解釈とか奏法がカナリ違って、

ポピュラーな分だけその違いがシロウト耳にも

わかりやすい曲だと思うんですが……

マキシムの奏法は

「淡く・儚く・軽く」

って感じかな。

音に情感をこめるより、余韻に叙情を残す感じ?



うん、CDで聴く分にはアレンジ入りのがいーんだけど、

今日のコンサートは「ソロ」でよかったな〜、というところ。





最後にじまん。

買いそびれていた最新アルバム『エレクトリック』を

会場で買ったら、サイン会の参加権がもらえました!

サインもらったぜ、CDトレイ下のジャケットに。

つか! ホンモノ、写真よりカッコいーぞ!!

拍手[0回]

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]