忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『J.S.バッハ』礒山雅


J・S・バッハ
J・S・バッハ


バッハはゴシックではなくて

バロックの時代の人なんだけど、

立ち読みした感じゴシックにも通じる

アンビバレンスについて

書かれてるぽくて、挑戦。



まずバッハが生きた時代って、

音楽がバロック様式から古典様式に

移り変わる節目の時代で、

社会面でも、ルターの宗教革命

職業の世襲制の崩壊みたいに

「変革」の時代だったんですね。



そういった中でバッハは、

バロック的要素 ⇔ 新しい音楽の要素

の矛盾相克を生きた。

もっというと、上手く止揚させて、

独自の音楽を生み出した。



そしてバッハは、楽譜への書き込みが

事細かであることで知られてるらしいのですが、

実際のバッハの演奏は、

とても即興的だったのだろうという分析。

むしろ、即興的だったからこそ、

細かい指定が必要だったのではないか?

というアンビバレントな

解釈が述べられています。



そのため礒山氏オススメのバッハの演奏は、

楽譜に忠実に、きっちりかっちりというより、

ジャズ・アレンジなど、

自由なリズムでなされたものなんだそう。




「バッハはロックの元祖」

なんてたまに聞きますけど、

そういう「斬新さ」「即興性」を

上手く取り込める人だったっていうのが、

理由のひとつに挙げられるかもしれません。



また、教会音楽を

一般人のためのカンタータに

転用したりして、

「聖」のための音楽 ⇔ 「俗」のための音楽

という次元も、やすやすと超えていたようです。



それでも再三言われているのが、

「神こそがバッハにとっては

 一番の聴衆だった」
ということ。

そのため、バッハの音楽は常に

荘厳さを持って響くのだ、と。



このほか、資料からわかるかぎりの

バッハの人柄・生活などにも触れられていて、

バッハを身近に感じられ、

読みやすいながらも

充実した内容
になってます。

新書でこんな満足感あるの久しぶりだな。



影響されて文中で紹介されていた

ジャック・ルーシェのジャズ・アレンジを

聴いてみました。

よかったです。

クラシック&ジャズお好きな方は、zehi。

拍手[0回]

BEST OF PLAY BACH
BEST OF PLAY BACH

PR

Comment

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]