忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

映画『ダウト ~あるカトリック学校で~』

公式サイト

1964年、ニューヨーク・ブロンクスにあるカトリック学校―。
厳格な校長シスター・アロイシスはひとつの “疑惑”を抱く。
生徒に人気のあるフリン神父が、学校で唯一の黒人生徒と
“不適切な関係”をもっているのでは…?と。

新米教師シスター・ジェイムズの目撃談によって芽生えた
この小さな“疑惑”は、次第にシスター・アロイシスの心を
まるで一滴の毒が浸透するかのように支配していく。

フリン神父の弁明も彼女の心には届かない。
一方純真なシスター・ジェイムズはフリン神父の弁明を信じ、
逆に“疑惑”のモンスターと化したシスター・アロイシスへの不信感を募らせていく。




映画でもいいけど、舞台向きの作品だなー と思ってたら、
やっぱり元は戯曲だったみたいね。

あらすじにしてしまうと↑だけなんだけれど、青みがかった映像、
素晴らしい音楽(カトリック学校が舞台だから教会音楽も!!)。
何よりメリル・ストリープとフィリップ・シーモア・ホフマンの
演技の冴え渡り方が! すげぇ!! 怒鳴りあう、激昂する、まじ怖い(笑)



舞台が1964年ってところがミソで、これはアメリカで
価値観の「世代交代」が起こりつつあった時代。

映画で考えるとわかりやすい。
Wikipediaで「アメリカ合衆国の映画」の項目を見てみると、
「1967年の映画『俺たちに明日はない』を発端として、
アメリカではアメリカン・ニューシネマと呼ばれる
反体制的な若者を描く作品群が1970年代半ばまでいくつか制作された。
これはベトナム戦争(1960年~1970年)が影響を与えたと考えられている。」

とあります。

メリル・ストリープ演じるシスター・アロイシスはすごく保守的な校長先生、
対するフィリップ・シーモア・ホフマン演じるフリン神父はすごくリベラル。
二人はそれぞれ、新旧の価値観の代表であり、寓意でもあります。



しかしこれ、原作の戯曲が作られたのは2005年なんですよね。
なぜわざわざこの時代に、1964年を舞台にした戯曲が書かれたか。

それは恐らく「自分の価値観すらも信じられない時代」が
再び訪れたからだと思います。

私、ラストのシスター・アロイシスの発言はつまり
そういう意味だと思っているのですが、いかがでしょう。

拍手[0回]

PR

映画『20世紀少年 <第2章>最後の希望』

映画『20世紀少年』公式サイト

副題見て「スターウォーズかYO!」ってすかさずツッコんだんだけど
それは「新たなる希望」ですね、しつれいいたしました。



個々のシーンは緊迫感あったし演出も「流石だなー」て感じだったんだけど、
いまいちひとつの作品としての、全体的な統一性がとれていなかったような。
まぁ原作がヒントを小出しにしていくタイプのサスペンスだから、仕方ないか?

あとはカンナ役・平愛梨さんの演技がもう少し自然だったら入り込めたかなー(´・ω・)
でもあの気の張ったかんじがカンナぽいちゃカンナぽい。なんたって美しいしな

コイズミキョーコ役の木南晴夏さんはいい「浦沢直樹ガオ」!!
鼻の下の筋の深さが、浦沢直樹が描くおんなのこぽくてイメージに馴染んでいる。



に、しても139分があっというまでした。堤幸彦氏の編集はむだがなくてよいですね。

あとはところどころに仕込まれた小ネタがwwwwwwwww
カンナの下宿するアパートの管理人が「常磐タカ子」だったり、
血の大みそか犠牲者記念碑で、チョーさんの上が「長崎 尚志」だったりwww
死なすなwwwwwwwww原作プロデューサー死なすなwwwwwwwwww



20世紀少年 第1章 終わりの始まり 通常版 [DVD]
20世紀少年 第1章 終わりの始まり 通常版 [DVD]

20世紀少年(ビッグコミックス)全22巻+21世紀少年 上・下
20世紀少年(ビッグコミックス)全22巻+21世紀少年 上・下

拍手[0回]

映画『レッド・ドラゴン』

レッド・ドラゴン [DVD]
レッド・ドラゴン [DVD]


会社の先輩たちとレクター・シリーズについて話していたら
(そもそもレクター・シリーズ語れる職場環境がどうなのって感じだけど)
記憶がおぼろなのに気付いて、再見。

初めて観たときはブレイクが吐き気するほど嫌(今も割とニガテ)な時期だったので
その絵をメインモチーフに採用してるって時点で
「やりよるな、この映画」ってのはありましたw



さてさて。おとなになって見返してみて。
こーれーは、面白い! ですね。

息吐かせぬ展開、演出のメリハリ。
犯人の絶望・孤独、主人公の「ゲンナリ感」w
『羊たちの沈黙』と同等の評価を受けてもいいんじゃないかと思います。

たぶんアレなんだな
『羊たちの沈黙』『レッド・ドラゴン』は
捜査官が主人公の「推理モノ」だから誰にでも楽しめるけど
『ハンニバル』『ハンニバル・ライジング』は
「レクター博士の物語」だから、相当なレクター・ファンじゃないと
楽しく観られない っていう差があるんだな。



ラルース料理百科は『ハンニバル』にも出てきたなぁ、と嬉しくなった。
レクター博士が独房の前までシェフを連れてこさせて、
獄中で一流のオードブルを頬張っているシーンが微笑ましい。



原作読みたくなった

レッド・ドラゴン 決定版〈上〉 (ハヤカワ文庫NV) レッド・ドラゴン 決定版〈下〉 (ハヤカワ文庫NV)

拍手[0回]

映画『ララピポ』

「ララピポ」公式ホームページ

原作は読んでおきましたが、映画独自のアレンジも入っていて退屈しませんでした。
一緒に行った友達は原作読んでなかったみたいですが、楽しめたみたいです。

奥田英郎は実はニヒルなので、原作は登場人物や読者を
優しく突き放すようなところがありましたが、
映画版はみんなが微笑んで終われるようになってます。
そのことだけでも評価していい映画だと思う



あとキャスティングもスバラしかった。

主役の成宮くんは元来のいかがわしい演技が
「嘘だらけの人生を送る青年」の役柄にぴったり。

森山中・村上も上手く観客をムカつかせてくれた。

何より濱田マリ!! なんで美人なのにあんなに小汚く見せれるんだろうww
モダンチョキチョキズ時代を記憶しているだけにwwww







原作
ララピポ (幻冬舎文庫)
ララピポ (幻冬舎文庫)

拍手[0回]

映画『WALL・E/ウォーリー』

WALL・E/ウォーリー [DVD]
WALL・E/ウォーリー [DVD]


「イイ話」系好きくないし、わざわざ観に行くこともないかなー
と思っていたのですが、映画好きの友達に勧められて。
2回も観に行ったらしい、しかも映画嫌いのはずの彼女の旦那さんが
2回とも一緒に行ったってんだから信用が置けるじゃないですか。



結論……良かった!!
可愛かったし、メッセージ性もたっぷり。

ストーリーは、『ナウシカ』原作を結構思い出した。
『ナウシカ』は環境破壊が行きすぎた地上で
人類が細々と行き続けている世界ですけれど、
『ウォーリー』の世界設定は、人類が宇宙に脱出して
宇宙ステーション内で機械化されきった
「快適な」生活を送っている、というもの。
まぁ、で、ステーションの艦長がいまだ荒廃の様相を拭えない
「故郷」地球の現状を知り、下した決断は……となるんですが。



ウォーリーとイヴ、2台のロボットの動作がとにかく可愛い。
さすがピクサー、いい仕事をします。

あとは、ピクサーお得意の「レトロ・テイスト」にもご注目。
私個人が「キた」のは、『2001年宇宙の旅』でおなじみの
あのクラシック曲を、ここで使うか!! というシーンでした☆

拍手[0回]

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]