忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  

『借りぐらしのアリエッティ』のエロさに全私が悶死したでござるの巻

借りぐらしのアリエッティ [DVD]
B00361FLDQ


イヤ私だってね

これが子ども向け映画だってことはわかってるんですよ!

映像と音楽も素晴らしかったですよ!
今までのジブリにはないカメラワークは迫力がありましたし
アリエッティたちが人間の小物を使っている生活の場面は
見ていてワクワクしましたよ!

物語としては緩急弱めだし
アリエッティの主張する「借り」の正当性は論理性に欠けるけどさ!
(オメーそれは寄生やっちゅーねん『サナダムシ』聴いて出直せや)

けど! エロいの、翔くんが!!
12歳男児が! エロいの!!!



以下、私が感じる翔くんのエロさを延々と語っていくだけのターン。

いつもより内容が酷い&長い&盛大にネタバレなので、白で書きます。
覚悟の無い者は容赦しないッ! 範囲選択で反転させて読んでね!


拍手[24回]

PR

『アリス・イン・ワンダーランド』(バートンの方)やっと観たんです、が。

アリス・イン・ワンダーランド [DVD]
B003OFC2WM


『アリス・イン・ワンダーランド』
WiMAXで観るぜいとか張り切ってたくせに、
結局DVDでレンタル出てから観た……。
うーん、でもこれ映画館にまで観に行くほどのものでは
なかったかもなぁ、とあまり後悔もせず……。

以下、ツッコミ&それでも良かったところ、等。


拍手[0回]

映画『シャーロック・ホームズ』 ~原作ホームズのダメさ加減のいい解釈~

シャーロック・ホームズ Blu-ray&DVDセット(初回限定生産)
B002UHJ9F8


観ました。腐女子ですから。

いやぁ、いいやおいでしたね。

ワトソンが取られちゃいそうになって露骨にジェラしるホームズも、
修羅場に向かうホームズがわざと忘れていったピストルを持って
追いかけてあげるワトソンもたまらないたまらない。

ホームズの片想いの相手が女詐欺師であることを知ってワトソンが言う
「唯一愛した女が犯罪者だなんてお前はマゾか!?」
っていうセリフがめっちゃツボった……!!

そういえば原作のホームズもラリったりバイオリン下手くそだったり、
推理は鋭利だけど結構ダメな仕上がりの人でしたね。
そっちの方を膨らませたキャラクター設定、面白かったです。

あと、映像の美しさについてはもっとみんな言及してもいいと思うんだ……。
ロンドン風? の色合い、ラストの壮大なセット。
衣装もセットも良かったよね!

映像効果も実は好み。
ああいううざいくらいのストップ/スローモーションとか好きです。

敵役がテンプル第4修道会っていうのも、厨二病くさくて好感が持てましたね。
『ダ・ヴィンチ・コード』と併せて観ると美味しいですね。

まぁしかしアクション映画なので一度観たらおなかいっぱいと言うか、
そうそう見返すことはないかなとも思います(ノ∀`) ★★★★

拍手[1回]

『アリスが落ちた穴の中』2回目観てきました。

以前このblogでもご紹介した、寺嶋真里監督の
『アリスが落ちた穴の中 ~Dark Marchen Show!~』

愛知芸術文化センターで行われている★「映像の学校」という
テーマ上映会で上映されると聞き、行ってきました。





「映像の学校」、今年度のテーマは「実験映画」。
金曜・土曜は、「単に古いものではなく、
現代にインスピレーションを与える」ものとして
サイレント映画の名作を上映していたそうです。

そして『アリスが落ちた穴の中』を
「サイレント映画を現代に蘇らせる試み」と解釈し、
上映プログラムに加えられたとのこと。



映画の内容は以前プレミエレポートに書いたので
省かせていただくとして、2回目に観る感想をば。

拍手[1回]

『アリスが落ちた穴の中 Dark Märchen Show!!』予告編

YouTubeにて公開されていました。
ちょぴっとですが映画の雰囲気がよくわかります。



動画最後のキャプションによると、来春東京で上映されるようですね。

拍手[0回]

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]