忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

GTDっぽいことやるためにToodledo使うようになったらやや気持ちがラクになった話。

GTDってのは(私の解釈でざっくり言うと)
「やるべきことを全部頭の中から外に出して、一箇所で管理しようよ」
っていうToDo管理の方法です。たぶん。

はじめてのGTD ストレスフリーの整理術
はじめてのGTD ストレスフリーの整理術デビッド・アレン 田口 元

二見書房 2008-12-24
売り上げランキング : 668


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

私は4月から「それっぽいこと」を試してみています。
しょうじきGTDの精神であるところの、
「前向きに、生産的に生きようよ」みたいなものは
たぶん理解できてないんですが、
手法だけとりあえず真似してみてる感じです。



で、ToDoを管理する「一箇所」てのは
紙でもiPhoneアプリでも何でもいいんですが、
私は★ToodledoというWebアプリを使っています。

このToodledoの使い勝手のおかげで、「本当にやるべきこと」と
「やらなきゃいけないって思い込んでるだけで、実際は
別にやらなくてもいいこと」の区別がつくようになりました。

拍手[1回]

PR

ビジネス書とかモレスキンとか買ったよっていう話。

何度か触れているし、Twitterのpostとかからも
お察しいただけてると思うんだけど、IT屋さん業に従事しています。
工程的には中流~下流、顧客との仕様決定から
実プログラミングまでやる感じです。

んで、いま元日稼動のシステムを作り込むプロジェクトに入っています。
リリースまであと10日に迫り(平時以上に)休日出勤と残業が多く、
『25時のバカンス』で出てきた表現を借りるならばまさに
「死にそうに元気」です。Twitterのpost減ってるのはそのせいです。



平時以上に上の管理のグダグダさや、自分のダラダラさ
(着手すればそれなりに早いが着手までに掛かる
アイドリング時間が長い……)が目に付き、
仕事が嫌いになってしまいそうだったので、
巷に流布するビジネス書なるものを買ってみました。
一気に7冊。

拍手[0回]

「ツバメノート株式会社謹製 Thinking Power Notebook」がいい感じなんですよ

オリジナルデザインのツバメ大学ノート Thinking Power Notebook

「Thinking Power Project」というチームとツバメノート社のコラボで、
「Thinking Power Notebok」というノート・メモ帳のシリーズがあります。
ふつうのツバメノートと同じグレーの表紙&ツバメフールス紙なのですが、
版型がオリジナルで、かゆいところに手が届くラインナップが揃っています。
表紙のイラストもかわいい。

8月から「yPad」というB4横長のスケジュール帳を使っておりまして、
これが大量の情報を一度にスンナリ認識できて、具合がいい。
「横長いいなぁ、ノートも横長使ってみたいなぁ」と思い、
「方眼 ノート 横長」で検索していて見つけました。

で、先月あたりから、職場でA5・横長を使っています。こんな感じ。

拍手[2回]

けっきょくiPhoneでスケジュール管理をしている

ものの見事に手帳難民と化した2011年の途中経過を記録しておこう。

拍手[0回]

ロルバーン手帳と私の3ヶ月


ロルバーン手帳を使い始めて丸3ヶ月になるので、その奮闘記をば。

そうなんです、奮闘しているんです……。

前回までのあらすじ、★仕事用に購入したときの記事



まずね、リングが手に当たる。
私、リングノートが嫌いなんですよね。忘れてた。
システム手帳に馴染めなかったのもそれが原因だった。
ロルバーン、メモとして使ってる分には
折り返して使えるからリング気にならなかったんですよ。
でも手帳ってさ、マンスリーページが見開きだから、
広げざるを得ないでしょ。それで、ね。



あとこれ、日曜日(祝日も)が青で印刷されているんですよ。
土曜日に見間違えるじゃん!
ダサい朱色にされるよりはなんぼかマシなのだが、
これのせいで水~金曜日を一個ズレで認識してしまいます。
苦肉の策がこれ。

土曜を水色、日曜と祝日をピンクで囲ったった。
なんだこのバッドノウハウ感。

使ったのは★bic40周年記念の4色ボールペン
買いはしたものの油性ボールペン嫌いなので
実はずっと日の目を見ていなかったんですが、
「新しい習慣を身につけるための、
 シンプルなカレンダー活用術」
で使うようになりました。



ちなみに使ってるスケジュールシールは★フェリシモのもの
フェリシモの作っている手帳に合うよう作られたものですが、
ひとマスの大きさがロルバーン手帳と似ているので、バランスがいいです。
デザインもロルバーンの黄色に合っていて嬉しい。
このシールを活用したいがために、うっかりiPhoneでなく
紙手帳を中心にスケジューリングしてしまいそうになります。
万年筆のインクだと弾かれてしまうのが難点。

なんかフェリシモのシールを絶賛してしまった。
ロルバーン手帳の話です。



地味に不便なのは、しおり紐がないこと。
これは★無印のしおり紐シールを使って対応しました。
裏表紙の裏(?)に貼ってあります。




と、いろいろ苦肉の策を講じていますが、
それで却って愛着が湧いているという面も。(バッドノウハウ……。)
あとやはり、職場の人とスケジュールの打ち合わせのときに
紙のマンスリーページを見せっこしあえるのはメリットだな~と思います。

後ろのポケットにはシールや付箋をぶちこんである


スケジュール帳とメモ帳が一体化してるのは……。
想像したほどすごいメリットではなかったかな?
ですが持ち歩くのが1冊で済むことや、
マンスリーページでは書ききれないことを
メモらなければいけないときなど、
助けられてる部分はありますね。

うーん、しかし不便さをカバーできるほどの長所が
見当たらないので、春先とかに買い換えるかも。
すごい手帳ジプシーの予感。
やっぱり手帳はMark's! って叫んでるかも。

拍手[4回]

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]