忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  

『テガミバチ』浅田弘幸

テガミバチ 7 (ジャンプコミックス)
テガミバチ 7 (ジャンプコミックス)


浅田センセーは前作『I'll』がすっごく好きで、
自分の中で『I'll』を壊したくなくって、
『テガミバチ』は手を出さないでいたんですよ、実は。

でも気付いたら6巻とかまで出てるし(笑)
なんかアニメ化決定したらしいし(笑)
さすがにファンを自称している/いた以上、読まなきゃかなと(笑)



世界観は全然違う。『I'll』は日本の高校生たちが主人公だった。
今度はファンタジーだ。そして少年だ。(なんか、人類ですらないらしい。)
だけど、私の好きだった浅田センセーが、変わらずそこにいた。
ギャグのセンスとタイミングがゼツミョーで、
「泣ける」話が実はとてもとても上手くて、暑苦しいほど情熱家なのに、
絵のタッチがスマートだからあまりそれを感じさせない。
クロムハーツのアクセサリーみたいな、クールにアレンジされたゴシックの意匠。
「あー、相変わらずカッコいいセンセーだなー」と、懐かしく思った。



毒のないストーリー。
主人公の少年が、世界を覆う闇を、意志の光で切り開いていく。
「相棒」の少女は、なんだこりゃ。
浅田センセー、こんなわかりやすい萌えキャラ描く人じゃなかったでショ(笑)
でもかわいい。フィギュアも出てるらしいし(笑)

集英社ソリッドセレクション10 テガミバチ ニッチ (1/8スケールPVC塗装済み完成品)
集英社ソリッドセレクション10 テガミバチ ニッチ (1/8スケールPVC塗装済み完成品)



ただこれ、アレなのよね。
世界観とか、「こころ」をエネルギー化するところとか、
私の中で安野モヨコ先生『シュガシュガルーン』と丸かぶりなのよねwwwww

シュガシュガルーン 8 特装版 (プレミアムKC)
シュガシュガルーン 8 特装版 (プレミアムKC)



テガミバチ 1 (ジャンプコミックス) テガミバチ 2 (ジャンプコミックス) テガミバチ 3 (ジャンプコミックス)

テガミバチ 4 (ジャンプコミックス) テガミバチ 5 (ジャンプコミックス) テガミバチ 6 (ジャンプコミックス)

拍手[1回]

PR

◆◆◆青目黒先生情報まとめサイト「青目黒@wiki」作りました◆◆◆

作りました↓
「青目黒 @ wiki」

とりあえず作りはしたものの、現在は青目黒先生の作品が掲載されていたことが
私の方で確認できた号を並べてあるだけ……といった状況です。

持っていた掲載誌はすべて処分してしまったため(・・・)、
掲載作品のタイトル・題名は不明なものがほとんどです。

そこで、この記事をご覧の方々にお願いがあります。
お手持ちの『if』『Sweet』ほか、青目黒先生の作品が
掲載されている雑誌についての情報をお寄せください。
教えていただきたい情報は以下のようなものです。
 ○雑誌名
 ○何年何月号か
 ○青目黒先生の作品タイトル
 ○登場人物の名前、あらすじ
 ○続編があれば、続編タイトル(わかる範囲で)
 ○何かの続編であれば、元作品のタイトル(わかる範囲で)

情報をお持ちの方は、お手数ですが、
「青目黒@wiki用掲示板」の【掲載情報スレ】にご投稿いただけますと幸いです。
あるいはwikiを直接編集してくださっても構いません。
(wikiの編集方法も、ページに掲載してあります)

青目黒先生のことをもっと知りたい、という方々のためにも、
何卒ご協力をよろしくお願いいたします。

ロクロイチ先生に関しても、知る限りの作品情報は載せてあります。
ロクロイチ先生の情報がほしいという方にも、ご覧いただけたらと思います。

拍手[6回]

『家族生活』やまだないと

家族生活
家族生活


ラスト1話が描かれていない「未完の大作」。
KAWADE夢ムックでむりくり1/2縮小して掲載したりしてたけど、
このたび単行本化されましたパチパチパチパチ。

ラスト1話は今回も描かれないまま。
ただ、やまだないとと親交がある(?)4人の映画監督によって
最終話の「脚本」が書かれ、掲載されています。

松尾スズキ版は、ちょっと円く収まりすぎてると思ったけど、
泣きました。しかも1回目も、2回目に読み返したときも。

やまだないと (KAWADE夢ムック)
やまだないと (KAWADE夢ムック)

拍手[0回]

『夕方のおともだち』山本直樹

夕方のおともだち (CUE COMICS)
夕方のおともだち (CUE COMICS)


「エロけりゃなんでもアリ☆」と笑っていた森山塔は、いつからこんな
しんみりとするいいエロ話を描くようになったのだろう……。

やはり読み返してしまうのは表題作『夕方のおともだち』。
山本直樹の他の作品にはちょっとない、ハードSMのおはなし。
モノクロだけれど、美しい丹色の夕空が見えるような読後感。

『学校』Var.3も掲載。
Var.1から左右対称のコマ割りが特徴のこの作品、
「学校ってなんとなく左右対称って感じだから」。
今回は左右対称が見開き単位に及ぶ変更があったらしいので、
前のものと比べると面白そう。

嬉しいあとがきと、12,000字インタビューはやはり読み応えがある。

拍手[1回]

『喧嘩商売(15)』木多康昭

喧嘩商売 15 (ヤングマガジンコミックス)
喧嘩商売 15 (ヤングマガジンコミックス)


ギャグページ「佐野ラーメン」面白かったと思います。
連載再開おめでとうございます。

金田保との対決が見れるとばかり思っていたので、
格闘ページは私には肩透かしでした。

拍手[0回]

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]