忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  

『テガミバチ』浅田弘幸

テガミバチ 7 (ジャンプコミックス)
テガミバチ 7 (ジャンプコミックス)


浅田センセーは前作『I'll』がすっごく好きで、
自分の中で『I'll』を壊したくなくって、
『テガミバチ』は手を出さないでいたんですよ、実は。

でも気付いたら6巻とかまで出てるし(笑)
なんかアニメ化決定したらしいし(笑)
さすがにファンを自称している/いた以上、読まなきゃかなと(笑)



世界観は全然違う。『I'll』は日本の高校生たちが主人公だった。
今度はファンタジーだ。そして少年だ。(なんか、人類ですらないらしい。)
だけど、私の好きだった浅田センセーが、変わらずそこにいた。
ギャグのセンスとタイミングがゼツミョーで、
「泣ける」話が実はとてもとても上手くて、暑苦しいほど情熱家なのに、
絵のタッチがスマートだからあまりそれを感じさせない。
クロムハーツのアクセサリーみたいな、クールにアレンジされたゴシックの意匠。
「あー、相変わらずカッコいいセンセーだなー」と、懐かしく思った。



毒のないストーリー。
主人公の少年が、世界を覆う闇を、意志の光で切り開いていく。
「相棒」の少女は、なんだこりゃ。
浅田センセー、こんなわかりやすい萌えキャラ描く人じゃなかったでショ(笑)
でもかわいい。フィギュアも出てるらしいし(笑)

集英社ソリッドセレクション10 テガミバチ ニッチ (1/8スケールPVC塗装済み完成品)
集英社ソリッドセレクション10 テガミバチ ニッチ (1/8スケールPVC塗装済み完成品)



ただこれ、アレなのよね。
世界観とか、「こころ」をエネルギー化するところとか、
私の中で安野モヨコ先生『シュガシュガルーン』と丸かぶりなのよねwwwww

シュガシュガルーン 8 特装版 (プレミアムKC)
シュガシュガルーン 8 特装版 (プレミアムKC)



テガミバチ 1 (ジャンプコミックス) テガミバチ 2 (ジャンプコミックス) テガミバチ 3 (ジャンプコミックス)

テガミバチ 4 (ジャンプコミックス) テガミバチ 5 (ジャンプコミックス) テガミバチ 6 (ジャンプコミックス)

拍手[1回]

PR

Comment

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]