忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『我が肉に群れ集い、喰らえ。』水無月 十三

※18禁注意※

拍手[0回]

PR

『木枯しタイツマン』かるま 龍狼

※リンク先(★)18禁注意※

★木枯しタイツマン (ワニマガジンコミックス)
木枯しタイツマン (ワニマガジンコミックス)

96年第1版だから、★『シノビノサクラ』と同時期か。
『シノビノ~』でもそうだったからわかるんだけど、
この方、この頃はおさななじみ属性だったんですね。

まだこの頃は独自のタッチが確立されてなくて、
当時の少年まんがの絵柄
エロをやっているかんじ。
今でもコミカルで可愛い絵柄の方ですが、
この時代の名残なんだと思います。


おさななじみモノ以外で目立つのは、
冴えない男の子がオイシイ思いをする話。

まぁ↑自体はえろまんがの鉄板なんですけど、
最近のえろまんがって絵柄がきれいじゃないですか。
そういう絵柄で描こうとすると、
「冴えない男の子」って設定だとしたって、
「なんだよ、ただのイケメソじゃねーかッッww」
っていうのが多くなるんですよ。

そこんとこ行くとかるま龍狼センセイの
コミカルタッチって武器で、
男の子が本当にぶさいく
でも「浮かない」んですよね、作品からw

そういった部分だとか、
登場する少女たちの
「しょうがないな~~」
と言いつつ相手をしてしまう母性とかも含めて、
うーん、やっぱり童貞の真友だなぁ、
などと思ってしまうわけです。

拍手[0回]

『みるくぱにっく』『人妻姫』『シノビノサクラ』かるま龍狼

かわいい巨乳人妻エロマンガでおなじみの、かるま龍狼先生です。
ブックオフ回り回ってかき集めてみた。

※リンク先(★印)18禁注意※


みるくぱにっく (バンブー・コミックス VITAMAN SELECT)
みるくぱにっく (バンブー・コミックス VITAMAN SELECT)

07年刊。
私の中のかるま龍狼センセはコレのイメージ。
かるま龍狼センセの絵ってさ、エロいのに
グロくない
んよね。かわいいの。

いわゆる「二次元」「萌え」の「かわいい」じゃなくて、
もっと賛同が得やすい、キャラもの的な「かわいい」。

で、ストーリーも暗さ・湿っぽさがない。
設定もあほだし(笑)、底抜けの明るいエロっていうか。
読んでて嬉しくなる。


人妻姫
人妻姫
人妻姫 2 (2) (ワニマガジンコミックス)
人妻姫 2 (2) (ワニマガジンコミックス)
人妻姫 3 (3)
人妻姫 3 (3)

01年~刊。
ある国の王子様が、夢に出てきた美女=人妻姫を
妻に迎えるため(って、人妻じゃん!!)旅に出る

……という物語のはずなのに、
お話はあっち行ったりこっち行ったり、
短編オムニバスみたいな感じ。
バリエーション豊かなのは嬉しいけど、
連載である必要ないじゃん(笑)、という。

でも「なんでも描ける」人なんだなー、とわかった。
人妻モノのイメージがあるけど、ロリもイケるんですね。


シノビノサクラ (ワニマガジンコミックス)
シノビノサクラ (ワニマガジンコミックス)

96年刊。
初期作品集……になるのかな。
なんか、この人もこんなの描くんだー って感じ。

80年代ノリ? を引きずった、
あほでシュールな話ばかり。

うん、今の作品も話はあほなんだけど、まだ地に足が着いてるのね。
だけどサラリーマンと女子高生がいきなり砂漠で遭難してるとか、
「超現実」「幻想」の要素が入ってくるの。

というか、90年代半ばってこういう作風が
ハヤリだったのかもしらんね。
この時代の山本直樹の作品も似たノリだったりするし。
平成大不況のご時勢を反映してか? 

あとは、暗ぁーい近親相姦モノとかね。
こういうのは、『人妻姫』にも収録されてたけど。

拍手[0回]

★青目黒先生の作品掲載★『絶対恋愛SWEET (スウィート) 2008年 06月号』

絶対恋愛SWEET (スウィート) 2008年 06月号 [雑誌]
絶対恋愛SWEET (スウィート) 2008年 06月号 [雑誌]


今月載ってますね。
先月号はたしかお休みだった気が……?

今月の「先輩」みたいな男子が
センセの好みなんかなー、と思いました。
この人の描く人物は顔が切なそうだったり
さみしそうだったりするのがいいですね。

でも「先輩」、初体験がソレは可哀想です(笑)
ときどきブッ飛んでるんよね、この人の作品って。
担当編集はなにをアドバイスしとるのだ。



【2009年5月31日 追記】
青目黒先生情報まとめサイト★「青目黒 @ wiki」作りました。

詳しくは★こちらの記事をご覧ください。

拍手[0回]

青目黒先生 ~女子に薦めたいエロ漫画~

絶対恋愛SWEET (スウィート) 2008年 04月号 [雑誌]
絶対恋愛SWEET (スウィート) 2008年 04月号 [雑誌]


googleで検索してもほとんど情報の出てこない、
謎の漫画家さんなのですが……。
それともレディコミ作家って皆そんなもんなのか。

でも雑誌名で検索すると結構
作家ページHitするしなぁ……。


07年の春~夏は★「恋愛美人if」にしょっちゅう
描いてらしたのですが、最近はすっかり
「絶対恋愛Sweet」を中心にしてらっしゃいますね。


オススメポイント1◆ハッピー度高し

 両雑誌とも表紙の感じとか見ていただいて
 おわかりになるかと思いますが、
 レディコミとはいえかわいい系です。
 ハードなSM系とか、黒い薔薇が散るとかないです(´・ω・)
 ほのぼのしたハッピーエンド作品多めです。

 青目黒先生の作品もそういったものが多いです
 媒体に合わせてなのかもしれませんが……。
 安心して読めます。


オススメポイント2◆絵がキレイ

 画風は↓なかんじ。
 

 線細めです。人体細めです。
 キャラの顔薄いです。醤油顔です。

 好き嫌い分かれる画風かもしれませんが、
 私はかなり好き。

 描かれる女の子は、みんな
 フワフワしてかわいいです。
 男子は……わ、私の好み……です……。


オススメポイント3◆セリフが上手い

 残念ながら掲載誌は処分してしまって手元になくて、
 具体例が挙げられないのですが……。

 絵柄も知性的ですし、たぶん、
 あたまのいい方なんだと思います。
 セリフが不自然じゃなくて、
 すっと世界観に入り込めます。


こんなところでしょうか??
たまにコンビニにも置いてあるので、
まずは試しに立ち読みしてみてくださいー。


しっかし、そろそろ単行本出ても
いいと思うんだけどな。

相当描いてますよ? この人。

拍手[14回]

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]