忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

家庭内で複数言語を使ったら


唐突ですが、ウェンツ瑛士っていますでしょう。

あの美男子の。

いえ別にウェンツが好きだって話ではありません。

美男子だとは思いますが、滝沢くんと区別ついてません、ぶっちゃけ。

もうおばちゃんダメです。

若い子の視覚認知能力にはついていけまへん。

キャンキャンモデルも山田優しか識別できんよ!



……違う、そんな話をしたいんじゃないんだ。

拍手[0回]

そう、で、そのウェンツ君。

美男子なんですが(しつこい)、確かお父様がアメリカの方なんですよ。

で、「いいとも」のテレフォンショッキングに出ていたときのトークから得た情報なんですが、お父様・お母様・お兄様が英語ペラペラで、お家の中でも英語で会話なさるそうなんです。

でもウェンツ君だけは英語がわからないらしいんですね。

ご家族皆さん感情的になると英語でまくしたてるらしいんですが、もう英語って時点でウェンツくんは耳シャットアウト、お説教されてる時も叱られてる気分になれないそうです。



一方。話は一気に卑近になります。

私のバイト先(バイトネタ多いのぉ)に、中国系の兄さんがいるんですね。

ちなみに彼の父親はうちの大学で教鞭振ってるんです。

あんま言い過ぎると個人特定できるからやーなんだけどさ。

そう、で、その兄さん。

お父様は完璧なネイティヴ・チャイニーズだし、お母様も日本人と台湾人のハーフで、中国語の方がお得意なんだとのこと。

(えぇい、文脈上「漢語 han・yu」って言った方が正しいな)

もちろん親御さんご夫婦は中国語で会話するんですよ。

でもその兄さん自身は、すごく小さい時日本に渡ってきたこともあって、日本語しかしゃべれないんです。

親御さんもその兄さんには「日本語に翻訳して」話をするそうです。

で、ここまで話を聞いて、「ほー ウェンツくん現象かぁ」と思ってたら、

「両親がしゃべってる内容は聞いててわかる」って。

しゃべらせると、すごく単純な文でも言えないんだけどね。



なんか、同一言語漬けの人生しか送ってこなかった我々にしてみると、ちょっと不思議じゃないっすか。

つくづく人間の言語能力って不思議だなぁ、と思った次第です。

PR

Comment

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]