忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『Schola(スコラ) 坂本龍一 音楽の学校』 ドラムズ&ベース編(4)

NHK教育にて2010/6/19 23:45~24:15



終わっちゃいましたね……( ´・ω・)
楽しいシリーズだったので寂しい。



バッハ編からジャズ編、ドラムズ&ベース編へ、
実は後者2つはバッハ編で既に
話された内容がキーワードになっているという、
構成力の素晴らしさを見せつけられる
シリーズ編成でしたね。



今回は1970年代、コンピューターが
音楽の世界に取り入れられ、
正確なリズムを刻んでくれるように
なってからのドラムズ&ベース
(を初めとする生楽器)の
存在意義? についてのおはなし。

YMOは言うまでもなく日本での
電子音楽の先駆けみたいな人たちですからね。
コンピューターを使った無機的な音楽を
初めて耳にしたときは
「未知の世界だから興奮した」(細野晴臣氏)
そうです。

実際に使ってみると、8分音符2つを12等分し、
奏でる長さを13:11とか14:11にずらすと
沖縄民謡っぽいリズムになることがわかって
「ノリ」の数値化、分析に役立ったとか。



初期は民謡(ゆらぎのある音楽)を
デジタルカバーするなどしていたようですが、
そのうち興味は「均一なコンピュータのリズムに
生楽器の音を即興的に重ねる」
試みの方へ。

坂本龍一氏はスタジオに設置されたピアノを弾き、
「生の楽器はインターフェイスとして優れている」
とコメント。



また印象的だったのは、細野晴臣氏の
「デジタルが出てきてから、走る
 (興奮してテンポをどんどん速くしてしまう)のが楽しい」
という言葉。

坂本龍一氏はそれに
「僕ら人間は、時計のように時を刻んでいないから」
と答え、細野晴臣氏も
「一曲全部、初めから終わりまで
 正確なリズムを求めていたのはロマンだからね」
と。

コンピューターによる音楽は、
生楽器の居場所を奪った訳ではなく、
「正確なリズム(音階もかな?)」から
演奏家を解放することで、より自由な表現の追求を
許した、というような結論に至っていました。



で、美術でもそういう出来事って
あったんかなぁ、と思って
ゆうべ番組終わった後調べてた。
それは次で。

拍手[0回]

PR

Comment

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]