忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  

『アリスが落ちた穴の中』2回目観てきました。

以前このblogでもご紹介した、寺嶋真里監督の
『アリスが落ちた穴の中 ~Dark Marchen Show!~』

愛知芸術文化センターで行われている★「映像の学校」という
テーマ上映会で上映されると聞き、行ってきました。





「映像の学校」、今年度のテーマは「実験映画」。
金曜・土曜は、「単に古いものではなく、
現代にインスピレーションを与える」ものとして
サイレント映画の名作を上映していたそうです。

そして『アリスが落ちた穴の中』を
「サイレント映画を現代に蘇らせる試み」と解釈し、
上映プログラムに加えられたとのこと。



映画の内容は以前プレミエレポートに書いたので
省かせていただくとして、2回目に観る感想をば。

もう、オープニングのロウズさんが庭園に佇んでるシーンで
胸が打ち震えるというか、鳥肌が立つんですね。
ロウズさんの美しさ、映像の美しさ、音楽の美しさが相まって。

ロウズさんはやっぱり動きが優美で佇まいが美しくて、
ギグルスさんは演技全体からロウズさんへの愛が
溢れててセクシーでした。
マメさんは見れば見るほど可愛く思えてくる方ですね。

あと2回目に観る余裕からか、脇役の皆様の
演技も光ってるなー と思った。
KINGさん(閣下)とキャンディマンさん(道化)の
表情の凄まじさとかね。

それと駄目バレリーナちゃんがよく見ると
げしげし蹴られててかわいそかわいかった(ノ∀`)





来場者には、映画の出演者である
Rose de Reficul et Guigglesさんたち&監督から
プレゼントがありました。

物販コーナーには寺嶋監督の作品集DVDも。
買っちまいましたぜ、各巻3,000円のところ
セットで買うと5,000円! お得!笑



年内、国内での上映は今回が最後とのことでしたが、
作品は愛知芸術文化センター1Fのアートライブラリーで
いつでも鑑賞することができるそうです。やったね。





作品内に登場した、清水真理さん作のアリスの人形もお目見え。
こちらも愛知芸術文化センター1Fのアートライブラリーで
1~2ヶ月展示される予定とのことです。




おみやげ1。
B2Fのナディッフで売ってた、中村キョウ先生の
ポストカード写真集。
ロウズさんたち以外の方を撮った作品を観るのは
初めてだったので、新鮮。

買える。↓
ruins (post card collection)ruins (post card collection)

by G-Tools



おみやげ2。
今夏おこなわれる「あいちトリエンナーレ」の
パンフレット類。
やはり目玉は草間弥生なのですね。
そしてぬっくんとSKE48。

拍手[1回]

PR

Comment

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]