忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

旅行記10・パリで食事する

ちょうど滞在中にレストラン格付け本の『ミシュラン』とかが出てましたが……。

質素な旅だったんだってー、だから!!

拍手[0回]

あ、でもね、高くなくてもおいしいものはおいしかった、パリ。

街中のパン屋さんで売ってるバゲット、クロワッサン、パン・オ・ショコラ(チョコ入りパン)。

有名店ってわけでもないのに、やたらおいしい。

やっぱアレっすね、芸術作品につけ、食べ物につけ、発祥の地で味わうものは格別ですね。



あと、味はさておいても、どこにでもあってお腹が膨れるのが、トルコ人がやってるケバブ屋のサンドイッチ。

ピタパンにケバブをこれでもかとつめこんでくれました。

美観を損なっても猶つめこんでくれました。

フライドポテトも盛り合わせてくれます。

4.2ユーロで食べきれないほど食べられます。

なんか、(私の中の)パリの象徴のひとつですね。



それと一応、フランス料理っぽい料理も食べたんですよ〜。

これまた『パリノルール』に載っていた、POLONAIS CONCORDEというレストラン。

ポーランド系教会の地下にあって、奉仕活動の一環だからか、安いんです。

ボリューミィかつ美味な定食ががっつり食べられて12ユーロ。

雰囲気も良かったですね。

2回くらい行っておけばよかった。。。

でもフランス料理じゃなくてポーランド料理だった可能性のが高いね。

今気づいた。



あとパリで忘れちゃならないのは、カフェでしょう!

大丈夫、ちゃんと行ってきましたよ〜。

初カフェinParisは、ピカソ美術館のそばにある小さなお店でした。

ピカソ観ながら唐突にショコラ(ココア。ベルばらのオスカルの好物)が飲みたくなって、出て最初に見つけたカフェに入ろうって決めてたんです。

入ると、老後のデュシャンを彷彿とさせるハンサムなおじいさんが、近所の方らしいおばさんと熱弁を交わしていました。

ですが私を見るなり「Bonjour!」とおっしゃって、あぁこの方が店主なんだな、と。

「ボンジュー、アン・ショコラ・シルヴプレ?」

と、憶えたての片言フラ語で言ってみると、「オッケー、任せろ」といった感じでカウンターの中に入っていかれました。

適当なテーブルに座ってゆっくり店内を眺めると、ダリなどのモダンアートが所狭しと壁に掛けられていて、クラシカルな外装・調度品と好対照を成していました。

ショコラもおいしかったです。

ユースの朝飯ショコラと違って、濃い!多い!生クリーム付き!!



私がいた間、女性2人連れが1組、それから近所のオジサンぽい人が上がりこんできて、何も頼まずに店主のおじいさんと話だけして帰っていきました。

近所の人に愛されてるカフェなんだなぁ、と感じ、「あぁ、パリいいなぁ」としみじみ思った最初の瞬間でもありました。



ミーハーに「アメリのカフェ」にも行ったよ。

Clichyからアクセス良かったんだ。

PR

Comment

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]