忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

隠れ家の寝床

私は空間の使い方が上手いほうではない。

もっと具体的に言えば、部屋のレイアウトが上手くない。

今の私の部屋だって、都心近郊にしては広い方なのに、その広さが全く活かされていない家具配置をしている。

うちより狭い部屋でありながら広々と空間を使っている友人たちを畏敬の眼差しで見るばかりだ。



しかぁーし、私が今の室内レイアウトで非常に自信を持っている部分がひとつある。

布団の位置だ。

拍手[0回]

9月〜10月にかけて、大規模な部屋の模様替えを決行した。

(その直後このブログを始めている。移行期だったのだろう、いろいろと。)



それまでの私の部屋といえば、下がタンスになっているでっかいベッドがどかーん、と占拠していた。

窓とかの配置の関係で、置く場所も限られていた。

結果、来客があるとベッドがお出迎えするような、それこそ「たしなみ」のない室内レイアウトになっていた。

家に帰っても、まずベッドの上に腰掛け、下手したらそのまま寝てしまっていた。

そういうベッドの圧迫感とか、睡眠を強要するような姿勢に嫌気がさして(本当に、嫌悪感と呼ぶのが適切だった)、夏、帰省から戻ったらすぐに、ベッドを処分した。



その後残された布団を窓側に敷く、というのは決めていた。

トコはやはり「奥」に、のような淫猥な言葉遊びが発端だったと思うのだが、これが思いの外具合がよい。

それだけでなく、ベッドのパーツのひとつだったすのこを睡眠スペースとその他のスペースとの区切りとして、布団の横にそびえるテーブルに立てかけているのだが、これが非常によろしい。

いざ床に就くと、隠れ家にこもっているような安心感を得るのだ。



room.jpg


(※図の左上にドアがあって、玄関先につながっている)



ちょーしこいてすのこにクリップライトを取り付け、ベッドサイドライトと洒落込んでもいるが、これまた読書灯としてかなり効果を発揮してくれている。

その日やることを全て終えて、クリップライトだけを残して部屋を暗くし、布団をかぶって本を読む。

この「儀式」がかなり楽しい。妙に「生きている」という実感が湧いてくる。



思えば以前の部屋の配置も含めて、今まで私がプライベートな眠り場所を確保できたためしはない。

ちみたんの頃は両親と川の字になって眠り、一人部屋が与えられてからも部屋のドアは開け放すように決められていた。

ドアを閉めておくと母親が勝手に開け放していく。

何をそんなに監視したかったのか、て訊くまでもないが。



とうとう自分の城を得て、監視されやすい状態でいるのもやめて、私は戸惑うくらいの満足感を味わっている。

窓際で寒いことは否めないが、厚着して当分はそこに寝続けるぞ、と。
PR

Comment

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]