忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

世界の終わりとセダークレスト・レザーブーツ

仮に、の話だが。

緊急にどこかに避難しなければいけなくなったとしたら、私は迷わずセダークレストの、黒革ショートブーツを履いていくと思う。

このブーツ、中学時代から6年間履き続けているのだが、いまだによく使う、最強の靴なのだ。

拍手[0回]



まずデザインが優秀。

ワークブーツというか、ラインマンブーツとかにカテゴライズされるらしいのだが、女子が履く靴にしてはゴツい、というのは否めない。

しかしこれ、ストレートジーンズによく合うのだ。

実直なもの同士、相性がいいらしい。

あとはカジュアルなスカートのときにレッグウォーマーを合わせて、なぞやっている。

なんだかんだで登場回数の多い、名脇役みたいな靴だ。

流行を意識した凝ったデザインとかではないから、流行り廃りに左右されないのであろう。



そしてさらに品質が優秀。

さすが世界のセダークレスト、というか。

かなり山越え川越えを繰り返し、雨の日も風の日も、林の中もアスファルトの上も相当歩き、相当酷使したはずなのだが、一向にへたれない。

やはり本格ワークブーツは違う。頑丈というか、屈強というか……。

その上、手入れをすればちゃんと応える可愛い革製品。

最近サボりがちだったためかひび割れが白くなってきていて、さすがにヤバいとさっきクリーム塗りこんだらちゃあんとツヤ出たよ。エラい。



基本的に革製品は好きなのだ。

長持ちするし、手入れも雑な扱いも全て反映して「my own」感が強まっていくのがいい。

肌触りが空々しくないのも嬉しい。

化繊にはない温度感を感じる。

ハラコちゃんの話も昔したけれども……。

矢張り、元は生き物だし、革だけになっても呼吸しているとか、生きているとか言われるだけはある。

まぁちょっとしたフェチズムなのであろう。

人の肌に触れているのが好きなのと同じで、革に接しているのが好き、というような。

革フェチ。

SMな響きが芬々と漂うが、SMのコスチュームが基本的に革なのは、hardなplayに耐えるためなのか、革の感触で恍惚感を得るためなのか。

両方か。うむ。



ま、話がイイ感じに逸れはしたが、そういう可愛い可愛い靴を所有しているのだぞ、という話。

そして、世界が危機に瀕したそのときは、手塩にかけて育てたそいつと一緒に、瓦礫の山も山岳部の樹海も越えてゆこうぞ、という話。

そしてぶっちゃけ、フェティストなのだ、という話。

PR

Comment

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]