忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ティッシュ配りに思う

皆様今日は如何お過ごしになりましたか。

左の友人たちも旗日にはちゃっかり休んでるんでしょうか。

気になりどころです。

村崎めはと言えば、ティッシュ配りしてきました。

りんかい線とゆりかもめの間ら辺で。

客として行きたかった、でもあんな遠いところわざわざプライベートで行く義理ないしなぁ。



ティッシュ配りというのは何だかpart-time-jobの中でも底辺スレスレに属するような響きがありますが、これがやってみるとなかなか楽しい。

拍手[0回]

チラシ配りと異なり受け取ってくれる人が多いですからね、サンプルがとても集めやすい。

まーサンプリングといっても「秋晴れの旗日に国際展示場に集まってきてるひとびと」という共通点がすでにあるので、ランダムサンプリングというわけには行きませんが、考現学くらいしゃれこんでもいいんじゃない。

卒論でやろうかな、「ティッシュ受け取りにみる規範」とか。

うそですやりません。って言っておかないと本当にやりかねん。本当に。



今日割と配り初めからずーっと考えてたのはね、「ティッシュももらえねぇくらいじゃ大物になれねぇぞ」ってことです。

愚かな私は今日気づいたんだけど、人からものをもらうことが否定的に見られているニッポンにおいて、街頭で無料配布しているティッシュをもらうという行為には謙虚さが求められる。

「もらう人 → ビンボー → 偉くない」「もらわない人 → リッチ → エラい」みたいな公式が頭に出来ている封建社会的人間にはとてもしづらいワザなのです。



場所柄ガイジンさん何人かにも受け取ってもらったんだけど、彼ら"Thank you."言うのね。

そーだよな、タダでものもらってんだから、抱くべきは感謝の念だよな。

自分が社会的・心理的に上か下かとか気にせず、タダでものをもらったら「ありがとう」。

スジが通ってるなぁ、うむ。



ま、そう思ったのはなんでかっつーとさ、なんかティッシュ受け取らない人って表情がよくないのよね。

カオが。貌。

暗かったり、必死そうだったり、変にチカラ入ってたりして、「まーしやわせではなかろうな」ってカンジ。

そこんとこ行くとさ、やっぱ受け取る人って受け取る余裕があるだけに表情にも余裕があるのよ。



自分の高低とか気にしてない人はさ、ガイジンさんだろーとニッポンジンさんだろーと感謝を述べるのよ。

ニッポンジンの、特におばちゃんね。

彼女たちは家庭切り盛りして、コドモ育て上げて、今も枯れ木のようになったダンナを支えているという自負(と書いて思い込みと読め)を抱いているからでしょう、自分の社会的階層なんか気にしなくても自我が揺らがないのです。

吹いても吹いても飛ばない自信があるのです。

うらやましいですね、早くそういう境地に達してブログなんぞに依存する日々からオサラバしたいですよ。

くそぅ、家のパソコンが壊れたせいでブログ書くためだけに大学に来てるんだよぅ、今……。

あと、本物の大人物。

会社一個経営してんのに、街中でティッシュをもらい、礼を述べる。

謙虚です。大物です。

なんつーか、器がデカい。

自分の属する文化圏内で「いやしい」とされていることをサラッと自分に許可できてしまうカッコよさ。

かくありたいですな。



で、ま、ティッシュもらってくれないの人たちに関してはこの逆なんですけどね。

ティッシュもらってくれないビジネスマンには「出世できねーぞ」

ティッシュもらってくれない若い女性には「しやわせになれねーぞ」

ティッシュもらってくれない親子連れには「子どもグレんぞ」

ティッシュもらってくれないゴスロリ娘には「主義のあるコスプレできねーぞ」

ティッシュもらってくれない若い男には「てめぇティッシュもらわねぇくらいで女フる快感得てんじゃねーよこの小物!

我ながら恐いですね。

皆さん、ティッシュはもらっとけということです。

あなたもいつ何時ティッシュをもらわなかったばっかりに核心をカスる呪詛を唱えられているやもわかりません。

ま、そんな楽しみ方をしているティッシュ配りはワタシくらいなもんでしょうが。。。



そんなこんなな日雇い暮らしです。

いろんな未知の体験が出来て楽しいです。

どこに行っても使えねー人間は必ずいんだなー、とかわかってきたし。

塾の話を未だに塾を去っていない感心な友だちからぽつぽつ聞くけど、もう未練もヘッタクレも感じませんね、どうも。

あ、でもものを「教える」という働き方のスゴさはわかってきた。日雇い始めて。

なんでカテキョ・ジュクコーが給料高いのかわかった。

しかし果たして学校という機関を通して成される教育というものが必要か否か、までは見えませんねぇ。

懸案事項です。

とりあえずそういうこと考えたり『ねじまき鳥』読んだり純愛気分に浸ったりしながら、遊ぶ資金稼ぎます。



今月はお金足りるのかなー、えーん

PR

Comment

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]