忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

映画『崖の上のポニョ』

《個人的な感想》
個人的には、良かったです。
手間ひまかけて、大事に作られた作品というのが伝わってきた。
なんというか、「映像と音楽を」「右脳で」楽しむ映画です。
夢みたいなんですよ。夜、寝てるときに見るほうの。
夢って右脳で見てるから、時間とか空間とかゴチャゴチャじゃないですか。
あのかんじ。町が水没したあとは、ほんとそんな感じ。
あと、町並みが因島に似ててデジャヴりました。モデルどこなんだろ?
 →教えていただきました。
  ★福山の鞆の浦だそうです。
  やはり瀬戸内だったか。



《テーマ的な》
これはいわゆる一種の「セカイ系」なんでしょうかね?
とりあえず大自然(=女、子ども)の前で
人間文明(=男、大人)は惨めで無力
ってことでおk?



《キャラ的な》
フジマキのヘタレぷりは間違いなく萌え
ポニョのおかあさんは、30~40代くらいの美輪様だと思う。
あと、リサみたいな感情の起伏が激しく、
思ったことを即行動に移す女性が母親だと、
子どもが苦労すると思います。自戒もこめて。



《ハヤオ的な》
右脳的なあたりも含めて、「ハヤオ少年のゆめ」ってかんじがした。

「あー、大自然と愛情深い大人たちに囲まれた
 5歳の少年になって、半魚人のおんなのこを拾って
 じぶんの愛の力で人間にしたいんだろーなー」

みたいな。
その香ばしさも評価ポイント。

あといもうとうじゃうじゃとか、フナムシうじゃうじゃとか、
フジマキが使う海坊主? とか、「うじゃうじゃ集団で」「うねうね動く」系が
相変わらずハヤオの作品はきもいなぁ(褒め言葉)ってかんじでした。

いもうといっぱいセット、さりげなくほしい。

拍手[0回]

PR

Comment

遅ればせながら
>「夢みたいな話」

なるほどなるほど
自分の願望(欲望?)に忠実ですよね、ハヤオさん

個人的には幼女、人妻、ババそれぞれに見せ場があってバランスとれてるな、と思いました。ただ最近の作品はババキャラが特に多いような気がします

悪趣味なとこもあんだけど、あまりそう感じさせずに大衆の支持を得てしまうところはスピルバーグにも似てると思います

ところで
>フジマキ

それはもしかしてフジモトでは・・・ 確信犯?(笑)
そういや藤岡藤巻のどっちかが「子供が話をしてくれない」とぼやいていたそうです
>SGA屋伍一さん
  • 紫式子 〔管理人〕
  • 2008-09-04 22:02
>自分の願望(欲望?)に忠実ですよね、ハヤオさん
ホント幸せ者だと思います。

>個人的には幼女、人妻、ババそれぞれに見せ場があってバランスとれてるな、と思いました。ただ最近の作品はババキャラが特に多いような気がします
妙齢の女性が出てこないという時点で、バランスを欠いている気もします。。。

>悪趣味なとこもあんだけど、あまりそう感じさせずに大衆の支持を得てしまうところはスピルバーグにも似てると思います
ポピュラーな部分:グロテスクな部分の比率が8:2くらいなんですよね。
私が勝手に「2」の方に食いついてるだけで。

>フジマキフジモト
気付いてましたが、直すの忘れてました。
恥ずかしいのでこのままにします。♪

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする
ファインディング・人面魚 宮崎駿 『崖の上のポニョ』
  • ファインディング・人面魚 宮崎駿 『崖の上のポニョ』
  • URL
  • 2008/09/04(Thu) 07:53
ポケモンにポーにやけに「ポ」の字が目立つ今夏のキッズムービー。本命はやっぱりジブ
Deep Ones
  • Deep Ones
  • URL
  • 2009/09/02(Wed) 01:59
その者、赤き姿をして大海原に降り立つべし。 てなわけで、グランマンマーレと王蟲は似ている、か? ん?

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]