忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  

映画『レミーのおいしいレストラン』

レミーのおいしいレストラン
レミーのおいしいレストラン

★公式サイト

薦められて観に行って、正解!!

ディズニーだアニメだとバカにしていましたが、
やはりピクサースタジオは優秀であった。。。

「ピクサーは『不可能な夢』が大好きなんだ」
というのは監督のお言葉。
今回の主人公は、ネズミなのに一流シェフに憧れるレミー。
料理下手の厨房雑用係・リングイニの帽子にもぐり
彼の手を借りながら、天才的な味覚・嗅覚センスで
3つ星に転落したレストランを立て直していく。

CGがとりあえずスバラしい。
パリの夜景、ネズミ視線の下水道や屋根裏、
レミーらネズミの群れの一斉移動(圧巻)
他にも食べ物がCGなのに美味しそうってどういうこと。
リアルさを追求しない、クレイアニメ的なキャラクターデザインもいいおね。

音響もよかった。
特にレミーの一人称的視点のシーンは迫力満点で、
一緒になってハラハラしてしまふ。
映画館で観て、正解。

なんといってもレミーの一挙一動がカワユス!
最初にスープを作り直すときの、水道の滴で手を洗ったり
おたまをハシゴ代わりにして鍋に登ったり、
こーいう小細工ピクサー得意だよなぁ、とか思いながら。

レミーとリングイニ、リングイニとコレットなど、
キャラクターどうしの「信頼」が
さりげなく描かれているのもポイント高いなぁ。

あとアレだ
いい映画に付き物な悪の輝き
イーゴのカンオケ型の部屋、すてきんぐだった・・・。
ラストも感動的だった。心暖まった。
この映画をイイ話にしているのは何気に彼だ。

EDロールまで凝っていて、席が立てません。

夕飯はラタトゥイユ(作中ではラタトゥーユ)ですた。
でら(゚д゚)ウマー

拍手[0回]

PR

Comment

無題
  • はらやん
  • URL
  • 2007-09-17 15:14
  • edit
紫式子さん、こんにちは。

「レミー〜」観に行ってきたんですねー。
毎回ピクサーはCGが表現しにくいもの(今回はお料理)に挑戦していますよね。
それで成功しているところがすごい。
作品のテーマとピクサーの姿勢というのが、合ってましたよね。
イーゴの部屋、すてきんぐでした!
あそこだけ「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」チックでしたね。
無題
こんばんは!Cnoteのkenkoです。
うちのブログにコメントいただきましてありがとうございました。

レミーの一挙一動はほんとギザカワユス!!
ちっちゃい身体でもやろうと思えばいろいろできるもんだなと感心しました。
完全なる悪役だと思っていたイーゴにも、最後は泣かされましたー
レミーを観たあとの晩御飯がラタトゥイユとはこれまたナイスです♪
>はらやんさん
  • 紫式子
  • 2007-09-17 20:53
  • edit
確かにナイトメア・ビフォア・クリスマス!
ゴシックでありましたね~。

そういえばピクサーのアニメで
「夢」がここまで前面に出されたのは
初めてかもしれませんね!
>kenkoさん
  • 紫式子
  • 2007-09-17 20:59
  • edit
シェフとイーゴ、わる~い役が
二人いるというのは異例じゃありませんか?
イーゴの肝の座った、
本物がわかっていそうな悪に比べ、
シェフの方は見た目通り小物!
って感じでイヤでしたね~~。

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする
「レミーのおいしいレストラン」 志向しているのはナチュラルさ
  • 「レミーのおいしいレストラン」 志向しているのはナチュラルさ
  • URL
  • 2007/09/17(Mon) 14:38
よい食って人を幸せな気分にしますよね。 食べるのももちろんですが、お料理を作って
まずは自分が変わる事。『レミーのおいしいレストラン(字幕版)』
  • まずは自分が変わる事。『レミーのおいしいレストラン(字幕版)』
  • URL
  • 2007/09/17(Mon) 17:41
一流シェフに憧れるネズミと料理の苦手な青年の物語です。

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]