忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

映画『プライドと偏見』


プライドと偏見
プライドと偏見


いぁー、よかった(・∀・)



最初はいがみあっている男女が、

いくつかの出来事をきっかけに

心惹かれていく……


みたいな、ラブコメとして

しごくありがちな筋なのですが、

そこに18世紀イギリスの

階級社会事情
が混ざってきて、

トタンに面白い。



いちおこのタイトルは

「プライドが高い男と

 金持ちに偏見を持つ女」


それぞれの「プライドと偏見」て

イミらしいのですが、

プライド高くて偏見持ってるのは、

実はお互い様。


という、カン違い&すれ違いも

話のキモとなっています。



それもラブコメの王道っちゃー

そのとおりなんだけど、

いかんせん「身分」とか「体面」とか

「家柄」「資産」「親の見栄」etc...が

関わってくるので、笑い事にできない。





まぁ何を言っても、

さいしょはお互い意固地で

無愛想に皮肉ばかり

言い合ってた二人が、

土砂降りの雨に打たれて

みっともなく腹の底から

言い合いをするようになって、

やがて男の方の

ぎこちない優しさが

明らかになって……


という畳みかけるような展開は、

観ていてホントーにじんじん来る。



あと、主人公の両親が

5人もいる娘たちの縁組に必死になる、

それは当時の社会では

女性は結婚しなければ

守られなかったからであって、

その親の愛情、家族愛

また、いいスパイスになっております。



社会的背景もあって、

露骨に愛情表現したりされたり

しないのも、奥ゆかしくておよろしい。

ちゃんとハッピーエンドだしね。

拍手[0回]

ただし、DVDに特典映像で付いてる

「アメリカ版エンディング」は

観ないほーがいいです。

2時間分の感動を一気に萎えさせる

下品・低俗・下劣っぷりです。

悪いこと言わんけー、やめとき。

PR

Comment

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]