忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

映画『いのちの食べかた』

公式Webサイト

よかった。

「生物(植物)が食品になるまで」
を描いているドキュメンタリー映画。

なんだけど、ナレーションとか
解説のキャプションが一切なくて、

淡々とカメラが真横、正面などの
味気ない(ゆえにインパクトある)
角度から、ベルトコンベアや
オートメーション装置が
「いのち⇒食料」に変型させる過程を
とらえていく。


そして合間に挟まれる、
工場や農場で作業する人たちの
「もの食う」すがた。


切り刻まれていく牛や豚や鶏を見て
「かわいそう……」なんて思うのは
自然かもしれないけど偽善だと思う。

何があっても、私たちは
「食べて」いかなきゃいけないんだから。


という、「業」のようなもの……
を見せつけられる、映画。


これ、活字で読むんじゃなくて、
映像だからこの「対峙」感が
あるんだと思う。
映画じゃなきゃできないこと、
やってるんだと思う。


なぜかいちばん「キた」のは、
りんご出荷工場で、女の子が
りんごの大きさ揃えてるシーン。

なんでだろね。
工場バイト、私もやったからかな。

拍手[0回]

いのちの食べかた (よりみちパン!セ)
いのちの食べかた (よりみちパン!セ)

世界屠畜紀行
世界屠畜紀行

もの食う人びと (角川文庫)
もの食う人びと (角川文庫)
PR

Comment

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする
映画 「いのちの食べかた」
  • 映画 「いのちの食べかた」
  • URL
  • 2008/05/04(Sun) 07:15
「いのちの食べかた OUR DAILY BREAD」を観に行く。2日目満員。大ヒットの予感?{/kaeru_en4/} これは想像以上に凄いドキュメンタリーだった。 食べ物が私達の食卓に並ぶまでに驚くべき旅。 学校でも教えてくれない、テレビでも見られない。 上手い日本語タイトルは森達也氏の同名書籍から。 しかし、このドキュメンタリー映画。映像のみで説明を全て拒絶しているのだ。 ナレーションも無ければ、字幕も無い、当然音楽も存在しない。 ただただ、屠畜現場、食肉工場、農場での作業映像を流し続ける。しか...

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]