忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

イメージフォーラム・フェスティバル2008

名古屋に渋谷がやってくる!?

なんか名古屋来ていちばん痛手を受けてるのって、
実験的というか前衛的というか、まぁ
興行的な成功って狙ってないよね? よね?
みたいな映画が観れないってことだと思う。
だからこそ★名古屋シネマテーク
たいせつにたいせつに通いつめねばならない。


そんな感じで「飢えて」いるので、
東京時代まったく気にならなかったこんなイベントも
パブロフ犬のごとく垂涎のイキオイで
しっぽを振りまくってしまうのだな。

イメージフォーラム・フェスティバル2008

国内招待作品・一般公募作品・海外招待作品を
4日間にわたって上映する「映像アートの祭典」らしい。
手塚眞の作品とか見れるらしい。
過去、★宮台先生も一般公募の審査員やったらすぃ。

イメージフォーラムお世話になったからなぁ。
最期の1年なんか、明らかに会員になっといた方がオトクだったからなぁ。


興味あるのは

拍手[0回]

○前述した手塚眞『2008mm』、
○キリコの絵をモチーフにしたという田名網敬一『CHIRICO』、
○パンフレットの表紙にもなってるAES+F『ラスト・ライオット』

  ・・・なんか写真の感じが★タクシデルミアぽい。
○倉重哲二『眺めのいい部屋』
  ・・・「剥製師を主人公に肉体と世界の境界を提示」するらすぃ。


あとなんといっても「特集:ドリーム・マシーン」企画のひとつ、
『スラヴォイ・ジジェクによる倒錯的映画ガイド』



欲望装置の精神分析1
“映画は、我々が欲情するものを与えはしない。
我らが何に欲情すべきかを教えるものなのだ。”

思想家であり現代随一のラカン派精神分析家である
スラヴォイ・ジジェクが、ヒッチコック、
デイヴィッド・リンチ、ウォシャウスキー兄弟などの
さまざまな作品を引用して、映画の隠された言語を掘りおこす。
引用作品:『鳥』『サイコ』『めまい』『エクソシスト』
『ドクトル・マブゼ』『博士の異常な愛情』『カンバセーション…盗聴』
『ブルー・ベルベット』『ソラリス』『ピアニスト』『オズの魔法使い』
『十戒』『イワン雷帝』など
 
[ソフィー・ファインズ/ビデオ/150分/2006/アメリカ]


よく知らないけど、調べたらなんかすごい人ぽいね。
とりあえず引用作品のラインナップがすごすぐる。
他は行けるかどうかびみょうだけど、
これは日曜だから大丈夫でしょう。


名古屋では★愛知芸術文化センターにて、
2008年6月18日(水)~22日(日)。

もう、平日の昼間とか行けるかよ(笑)と。
学生ってホントいい身分だったんだな~~、と実感。
PR

Comment

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする
黄金の日々(舞台・映画編)
  • 黄金の日々(舞台・映画編)
  • URL
  • 2008/05/31(Sat) 09:55
「守りなんせ、滅ぼしなんせ」という祖母の遺言を胸に抱き、正義を守り悪を滅ぼしつづける、私の崇高な闘いの記録第二弾!

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]