忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  

『幼年期の終わり』アーサー・C・クラーク

幼年期の終わり (光文社古典新訳文庫)
幼年期の終わり (光文社古典新訳文庫)


なんだか哀しくなっちゃった……(´・ω・`)


SFって「Science Fiction」なんだけど、
この物語は「Science Fantasy」ってかんじ。

今まで人間が「ファンタジー」「幻想的」と見なしていたものを瓦解させて、
もっと夢のある「仮説」を打ち立ててる。

でもその果てって……何なんだろう。


宇宙規模で繰り広げられる物語だからこそ
考えさせられる、「個としての喜び」「種としての喜び(?)」

登場するジャンという青年は、
最期に後者を味わえたんだと思うけれど……。

私はすごく哀しい。
なんか、生きる気がしなくなったorz


そういう諸々のことも考えさせられてこその
「名作」なんだと思う。

思うのよね、SFって

本来「哲学」であるべきだって。
『2001年宇宙の旅』は言わずもがな、
『未来世紀ブラジル』『ブレードランナー』

『フィフス・エレメント』
エンターテイメントなんでアウトです。
『STAR WARS』は神話学なので、ギリセーフです。

まぁ、そういう点も含めて、
「あぁ、面白かったなー(ゲンナリ)
ってかんじですた。

あとキリスト教世界の人の考え方だとか、
クラークの仏教観だとか、いろいろ垣間見えて、
その辺は単純に興味深かったーです。


2001年宇宙の旅
2001年宇宙の旅

未来世紀ブラジル
未来世紀ブラジル

ブレードランナー ファイナル・カット スペシャル・エディション (2枚組)
ブレードランナー ファイナル・カット スペシャル・エディション (2枚組)

フィフス・エレメント
フィフス・エレメント

スター・ウォーズ トリロジー DVD-BOX
スター・ウォーズ トリロジー DVD-BOX



自分用リンク
松岡正剛の千夜千冊『地球幼年期の終わり』

拍手[0回]

PR

Comment

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]