忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『幼年期の終わり』アーサー・C・クラーク

幼年期の終わり (光文社古典新訳文庫)
幼年期の終わり (光文社古典新訳文庫)


なんだか哀しくなっちゃった……(´・ω・`)


SFって「Science Fiction」なんだけど、
この物語は「Science Fantasy」ってかんじ。

今まで人間が「ファンタジー」「幻想的」と見なしていたものを瓦解させて、
もっと夢のある「仮説」を打ち立ててる。

でもその果てって……何なんだろう。


宇宙規模で繰り広げられる物語だからこそ
考えさせられる、「個としての喜び」「種としての喜び(?)」

登場するジャンという青年は、
最期に後者を味わえたんだと思うけれど……。

私はすごく哀しい。
なんか、生きる気がしなくなったorz


そういう諸々のことも考えさせられてこその
「名作」なんだと思う。

思うのよね、SFって

拍手[0回]

本来「哲学」であるべきだって。
『2001年宇宙の旅』は言わずもがな、
『未来世紀ブラジル』『ブレードランナー』

『フィフス・エレメント』
エンターテイメントなんでアウトです。
『STAR WARS』は神話学なので、ギリセーフです。

まぁ、そういう点も含めて、
「あぁ、面白かったなー(ゲンナリ)
ってかんじですた。

あとキリスト教世界の人の考え方だとか、
クラークの仏教観だとか、いろいろ垣間見えて、
その辺は単純に興味深かったーです。


2001年宇宙の旅
2001年宇宙の旅

未来世紀ブラジル
未来世紀ブラジル

ブレードランナー ファイナル・カット スペシャル・エディション (2枚組)
ブレードランナー ファイナル・カット スペシャル・エディション (2枚組)

フィフス・エレメント
フィフス・エレメント

スター・ウォーズ トリロジー DVD-BOX
スター・ウォーズ トリロジー DVD-BOX



自分用リンク
松岡正剛の千夜千冊『地球幼年期の終わり』
PR

Comment

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]