忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『花よりもなほ』


花よりもなほ 愛蔵版 (初回限定生産)
花よりもなほ 愛蔵版 (初回限定生産)



『誰も知らない』とコレとで、是枝監督2本立て。

この監督もうちのOBらしいですね。

世の中OBだらけ。



『誰も知らない』はBGMも台詞も少なめなんだけど、こちらは調子のよいBGM、落語のような軽快な脚本が特徴。

私はこういう方が好み。

OPのタイトルが水彩画みたいに浮き上がってくる効果、そこからして好みだった。

台詞回しの時代考証とか、

「江戸時代にその単語、そーいう意味で使ってたの?」

ってところはありますが、コメディ性を活かしているということでよしとしよう。



キャスティングの妙が凄い。

これ、主役に岡田くんを持ってきたってのが、正解だと思うけど不思議。

キャラクター設定だけ挙げれば、他の若手俳優でもいい気がする。

むしろ、

「そこで岡田くん!?」

とすら思う。

けれど、実際話を観ると、宗左の弱さ・優しさ・(武士のものではない、男としての)強さに、岡田くんはピッタリはまっている。

うぅん、不思議。

宮沢りえのおさえはザ・はまり役! って感じでしたね。

着物の子連れ未亡人だなんて。

この他、脇役もゴーカ。

特に『誰も知らない』と並べて観ると、キム兄&寺島進の厚みが冴えます。

最近寺島進好き。なんでだろ



そして、話がいい。

とんちの利いた人情もの・ラブコメ込みといったところで、まぁ『お江戸でござる』って言ったらアレだけど。

本筋である宗左のストーリーは胸温まって腑に落ちるものだし、おさえの亡夫のエピソードも、彼女自身ではなく息子の進之助を通してわかっていく分、痛ましい。

うん、コメディタッチだけど、いい話ですよ。



宗左の出身が私の地元だったのがちょっとうれしい。

拍手[0回]

PR

Comment

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]