忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  

『東京湾景』吉田修一


東京湾景
東京湾景


なんか……

「え、これ吉田修一!?」

って感じなんだけど、私なんかは。

なんたって、ディテール細かすぎ

この人の他の作品て、こんなに地名とか風景描写とか明確だったっけか。

これはやっぱりアレか、自身の経験に基づいているからか。



とはいえ「吉田修一」ってのを手で隠して読めば、けっこうスキなタイプの作品でした。

過去の恋に傷ついていて、出会い系サイトで出会った2人が、本気の恋を始める勇気を持てないままに本気になり、自分たちの感情に戸惑っていく……というおはなし。

やっぱこういう「伸るか反るか!?」「行っとくかやめとくか!??」みたいなもどかしい駆け引きを言葉にしてくれるから、小説ってありがたいです。

終盤の

「信じようとは思うのに、なかなかできないっていうか……」

という亮介の台詞なんか、みんな思ってる。

当然のように思ってる。

でも、当然すぎるし口に出したら元も子もないしで、思ってないことにしている。

逆に、それを言えちゃう仲になった、亮介と美緒を羨ましく思えます。



あと好きなのは、これも亮介の台詞で

「だから、好きは好き。……いろいろないよ」

物語をすべて読みきってからこの台詞を見返したら、

「そうか、そういうことなのか」

と妙に腑に落ちて、またなんだか気分があったかくなりました。

拍手[0回]

PR

Comment

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]