忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『Strawberry shortcakes』魚喃キリコ


Strawberry shortcakes
Strawberry shortcakes



なななんきりこ(と、あえてひらがな表記したい)は、好きなまんがのジャンル上、なまえばかりは目にしていたのだけれど(でも耳にはしなかったから読み方を知ったのは最近なのだけれど)マトモに読んだことはありませんでちた。

映画化されるらしい、しかも『ジョゼ虎』の池脇千鶴が出るらしい、つことでちゃんと拝読せねば!! と思い立ち、正座して読んでみました(誇張表現)。



感想。

痛。

なんつーか、感情がナマなのだ。「ストロベリーショートケイクス」なだけに。

特に「クる」のが、一途な片想いの相手・菊地とは先に進めないデリヘル嬢・秋代のエピソード。

「ああかみさま 私あの人が好き あの人が好き」

「菊地に会える 菊地に会える 菊地に会える 菊地に会える」

なんてモノローグも痛切だし、菊地に会う口実として「実家から野菜が送られてきた」なんて言いつつ、行きがけに八百屋でトマトとキュウリを買っていく様も、けなげで切ない。

痛い。痛い。

才能ゆえに孤立し、食べては吐くを繰り返す塔子も、塔子や田舎への鬱屈した思いを払拭できないまま男に依存するちひろも、みんな痛い。痛い。

そんな中、恋がしたいと言いつつ何も起こらない日常を過ごす里子のエピソードは、ほっとする箸休めになってるかも。



しかし、誰のエピソードにしたってリアル。生々しい、痛々しい。

なななんきりこ、すっげぇな。

いいです。皆さんもお早めにお召し上がりください。



画風、クセがありますが好きです。

切り絵みたいなの。

線が太くて、白黒がはっきり付いている。

拍手[0回]

PR

Comment

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]