忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『未来世紀ブラジル』


未来世紀ブラジル スペシャルエディション
未来世紀ブラジル スペシャルエディション


ご好評をいただいております、「今さら観る名作」シリーズで御座居ます。

今夜は此方、『未来世紀ブラジル』。

なぜか何かしら、『ブレード・ランナー』のような陰鬱な雰囲気を想像していたのですが、存外コメディタッチなのですね。

それもブラックな。



ご覧になっていない方のために申し上げると、情報社会への風刺になっているのです。

些細なことでもいちいち書類を書かねばならない、個人情報が隅々まで管理された近未来が舞台。

上流階級のファッション・官公の建築物などはアール・デコ調の華やかさを湛えているが、下層市民の生活は劣悪……という、「見た目はキレイ、中はキタナイ」社会が描かれています。

政府の管理への反発で、テロも多発しているという設定。

ってこれ、2000年代への警告だったんじゃないの! あるイミ黙示録なんじゃないの!!

みたいな世界観です。



「法規制はむしろ『犯罪者』を増やす」というジレンマが、画面を飛び交う書類群によって示されます。

主人公・サムが、結局空想の世界に逃げ込まざるをえなくなるという残酷な夢オチによって、そのメッセージは決定的になっている、気がするのですが。



コミカルな演出は観ていて面白いんだけど、如何せんメッセージが重くて、2度見るのはためらわれる映画……。

拍手[0回]

PR

Comment

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]