忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  

『2001年宇宙の旅』


2001年宇宙の旅
2001年宇宙の旅


タイトルを聞いただけで、『ツァラトゥストラはかく語りき』が脳内で流れる。



こんばんは、「今さら観る名作」がシリーズ化しつつあります。

『紫式子日記』に、本日もよくぞおいでくださいました。



で、やっと観ました。

人類の祖先が骸骨を見つめる場面なんか、

「おぉ、これか!!」

と、まるで有名人を見た田舎者のような気分になりました。



『EYES WIDE SHUT』でもそうだったのですけれど、キューブリック作品ていうのは観ていて時間感覚が狂いますね。

視点・視線の使い方なんだよな。

カメラをジッと止めているシーンと、慌しく移動させているシーンのメリハリがハッキリしている。

(ヴィム・ベンダースなんかは、ずっとカメラを止めているタイプなんだ、たぶん。)



あとはキューブリック哲学!!

なんで「人類の夜明け」にあんなに時間を割いたの?

ラストのエッシャーの絵みたいなシーンは何を意味しているの?

死の発見 + 道具の発見 → 道具の発達 + 道具自身による死の発見 → その先にあるのは何?
この他、諸々の問いが私たち観客の解釈に委ねられているかと思うと、頭痛がします。

答えは、わかったような気になったと思ったら途端にわからなくなる。




思うに、SFって哲学なんだよね。

科学哲学、技術哲学、科学技術哲学。

それらを通した、人間哲学。

それをキチンとやってるから『ブレード・ランナー』は名作だし、

『フィフス・エレメント』はエンターテインメントに留まるんだよ。

拍手[0回]

PR

Comment

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]