忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『ユメ十夜』


公式Webサイト



毎月1日は映画の日!

ということに国立新美術館の帰り道に気づき、

「千円札の人」の映画を1,000円で観てきました。

でもこの映画は、ガチで「漱石札」なら

1,000円ポッキリで観れるんだよ。

まだ手元にある人がいたら、Zehi。




『夢十夜』それぞれの夜を、

それぞれ異なる監督&キャストが映像化。

並びはかなりメリハリ利いていて

退屈はしないはずなので、

あとは「好みの作品があればいーね★」

ってカンジです。



わたくしの印象に残っているのは↓↓↓




拍手[0回]

【第一夜】 監督:実相寺昭雄 脚本:久世光彦 出演:小泉今日子

実相寺すげー、久世すげー、キョンキョンすげー!

大家ぞろいで「掴み」にふさわしい『第一夜』。

幻想的な仕上がり、画像がいっちゃんキレイでした。



【第三夜】 監督:清水崇 出演:香椎由宇

妊娠中の人は、観てはいけない。

あと、奥さんが妊娠中の旦那さんも。

もともとホラーな『第三夜』なのですが、

「地蔵」の頭が割れるところとか

エグぅーく仕上がってます。

あと、香椎由宇がキレイ。



【第六夜】 監督:松尾スズキ

「運慶が仁王像を彫る」ってユメなんですが、

ナゼか運慶が和風サイバーパンクで、

テクノにあわせてロボットダンスを踊る。

しかも観衆がみんな2ちゃん語で話す。

強烈なインパクトで、後半戦の幕開けを飾ります。



【第七夜】 監督・脚本:天野喜孝・河原真明

みんな! 天野喜孝先生のアニメーションだよ!

ホントにあの人の色彩がそのまま、

CGアニメになって動いてます。

CGって安っちいからスキじゃなかったんだけど、

コレはいい。すごーく、いい。



【第十夜】 監督:山口雄大 脚色:漫☆画太郎

画太郎先生が「脚色」ってところで、

だいたい察してください……。

「安田大サーカス」出とるよ。





原作はコチラ↓



『夢十夜』@青空文庫



夢十夜 他二篇
夢十夜 他二篇

PR

Comment

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]