忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『クレールの刺繍』


クレールの刺繍
クレールの刺繍




曇り空にはフランス映画が好く似合う

なーんてのは、イメ戦発言でしょうか。

でもさ、実際どんよりした天気の日に、底抜けに陽気なアメリカン・エンターテイメント映画なんて観たくないじゃない。



クレールの刺繍という映画を観てきました。

相変わらず気の利く早稲田松竹にて。



そういえば、こういう静かな映画観るの久しぶりかも。

ってかずっとアメリカ映画ばっかり続いてたのね。

嫌いじゃないけど、食傷気味だったんだな。



BGMがね、ないんですよ。

だから全編にすごく日常的な、リアルな空気が漂う。

そしてヨーロッパ独特の色彩感

気候が違うから植物も違って、それで風景も違ってくるんだな。

そういうの考えると、日本ならではの色彩を活かして撮れてる映画って、どのくらいあるんだろ。



脚本も上手い。

セリフが多くないんですよ。

俳優に、目でもの語らせている。

俳優の演技力も求められるし、表情を捉えるカメラワークも巧みだし……

女性監督(兼脚本)ならではの仕事ですね。



(以下、ネタバレを含むあらすじ)

拍手[0回]

妻子ある男性の子供を孕み、捨て鉢になっている少女・クレールが主人公。

どうするあてもなく、ただ大好きな刺繍を職業にするために、大物デザイナーとも仕事をする刺繍家・メリキアン夫人の元へ弟子入りします。

メリキアン夫人は最近事故で一人息子を亡くしたばかり。

お互い重いものを抱え込むクレールとメリキアン夫人は、最初の2週間は素っ気ない雰囲気……。

ところがメリキアン夫人が自殺を図ったのを境に、クレールは刺繍を通して夫人と心を通わせようとするように。

それによってクレールは仕事を認められるようになり、刺繍家として、さらに女性・人間としての自分にも自身を持つようになっていきます。

ずっと、匿名出産して養子に出そうと考えていた子供も、最後には自分で育てる決心をします。

PR

Comment

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]