忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『カーテンコール』


カーテンコール
カーテンコール




いつもの早稲田松竹にて。

あの……酷評かましてよかですか?




拍手[0回]

まず主役の伊藤歩がダイコンすぎ

表情が乏しい。

脇役の鶴田真由の上手さが「浮く」くらい酷い。



話も冗長。

「古き良き映画文化の再興」「在日韓国人問題」「主人公の成長」……と、テーマが多すぎて軸を絞れていない上に、その全てが中途半端

主人公が上司に

「いい顔になったわね」

と言われるシーンがあるんだけれど、

「ドコが?」

って感じ。



脚本も上手くないしな。

セリフが多すぎる。

そこまで喋らせなくても、映像とBGMだけで済むじゃないって場面が多々。



まぁしかし「いいところのない映画はない」と言われるとおりで……

恐らく、映画好きならどうしても作りたくなるんだろうな、こういうの。っていう映画でもある。

舞台になるのは古びた閉館寸前の映画館なんだけど、

「映画産業は斜陽だからねー……」

っていう類のセリフがしょっちゅう出てくる。

しかも私はそれを、一度閉館したこともある映画館・早稲田松竹で観ていた訳です。

スクリーンに映る古ぼけた座席が、今座っているシートにダブる。

松竹の館長、それでこの映画上映したくなったんだな……と、納得。

という訳で、みんなもっと街の映画館行こうぜ。オワリ。



『カーテンコール』公式サイト

PR

Comment

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]