忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『アリス・イン・ワンダーランド』(バートンの方)やっと観たんです、が。

アリス・イン・ワンダーランド [DVD]
B003OFC2WM


『アリス・イン・ワンダーランド』
WiMAXで観るぜいとか張り切ってたくせに、
結局DVDでレンタル出てから観た……。
うーん、でもこれ映画館にまで観に行くほどのものでは
なかったかもなぁ、とあまり後悔もせず……。

以下、ツッコミ&それでも良かったところ、等。


拍手[0回]

・ストーリーが呆気なさすぎませんか?
・キャラデザがぬるすぎませんか?
・白の女王の動き、たぶんああいう演出なんでしょうけど製作者の意図以上にうざかったんじゃないでしょうか?
・赤の女王=暴君ってことなんですが「苦しめられる民衆」「白の女王の復権を望む民衆」の姿が描かれなく、いまひとつ暴君ぶりが伝わらなくありませんでしたか? やはり革命は民衆から、だと思った……。



後味がいいエンディングだったので、まぁいいかとは思ったけど……。
強い女はいいものですね!

あ、ひょっとしてストーリーの食い足りない分を
映像で補充するためやはりWiMAX観るべきだった??
でも3Dメガネで観るとあの独特の色彩が失われちゃうって声もあったしな……。



幻想の世界で戦い強くなった女の子がその後現実世界で……ってのは
『パンズ・ラビリンス』と思わず対比してしまいますね。
明るいパンズ・ラビリンス?

パンズ・ラビリンス 通常版 [DVD]
B0012EGL4M




主演のミア・ワシコウスカがヘレナ・ボナム・カーターが言っていたところの
「バートンが好きな結核患者のような顔」でおおおと笑った。
何をやっても不愉快・不機嫌そうなのがよいですね。
なんだっけな、顔が青白くて頬張ってて目がぎょろってしてるんだっけかな。
ヘレナもジョニー・デップもそういう顔してますよね。

あ、あとドードルディー&ドードルダムの双子がうざくて、
ひょっとして『オー! マイキー』のトニー&チャールズの元ネタって
こいつらだったんかな、とか思った。

OH!Mikey 3rd. [DVD]
馬嶋千佳子
B0007WAD3A
PR

Comment

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]