忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

各時代、各地域の歴史まんががあれば私だって多分もうちょっと…… ~『チェーザレ(7)』惣領冬実~

チェーザレ 7―破壊の創造者 (KCデラックス)
チェーザレ 7―破壊の創造者 (KCデラックス)


「教皇」と「皇帝」との関係を説明するために
「カノッサの屈辱」事件の解釈が作中で語られます。
なんていうか、
「こんなこと高校で教わったっけ……」
な感じ。



私、歴史苦手なんですよ。

単に記憶モノが苦手ってのもあるんですが。

あの、私が高校で教わった世界史の先生は、
世界史検定1級持ってたらしいんですけれど
要は単なる歴史オタクで、
教え方があんまり洗練されてなかったんですよね。
まぁ他人のせいにしたらアカンけど、
とりあえず私は世界史に興味を持てなかったんだ。

だけど大学で社会学とか取っちゃったから、
もう無知がバレる場面常に紙一重ですよwww
なぜか身の回り世界史オタク多かったしな。
あ、それは私立文系だったからか……。

日本史の先生も歴史学科じゃなくて経済学科の出身で、
教え方のわかりづらさに定評があったな、高校。
でもその先生の場合、経済的な面からが多かったけど
ちゃんと歴史上のイベント同士の因果関係を
前面に出して説明してくれたからまだ良かったな。



ただそんな私でも、すらすら答えられる
時代とか事件とかがあるんですよね。
えぇ、手塚治虫『火の鳥』で扱われた時代・事件です。
特に「太陽篇」が好きだったので、壬申の乱は得意でしたよ

火の鳥 (10) (角川文庫)
火の鳥 (10) (角川文庫)

で、思うんですよ、『ヴィンランド・サガ』とか
『チェーザレ』とかが中学~高校時代にあれば、
(歴史的解釈は偏ってるかもしれないけれど)
その地域・その時代にそういう出来事があった
ってことを意識できて、興味を持てたんじゃないかって。

ヴィンランド・サガ 7 (アフタヌーンKC)
ヴィンランド・サガ 7 (アフタヌーンKC)



まぁ話の本質はそこではなくて、
私はほんとうにマンガが好きなんだな、

と。そういう再認識です。
しばらく忘れていた感覚でしたが、
思い出しました。
惣領先生ありがとうございます。



え、石ノ森先生ですか。
尊敬しているんですが絵柄が苦手なんですよね。
あとどうしても「歴史マンガ」なので
ひとりの主人公にフォーカス当たりっぱなしじゃないし、
字は多いし。

マンガ 日本の歴史〈1〉秦・漢帝国と稲作を始める倭人 (中公文庫)
マンガ 日本の歴史〈1〉秦・漢帝国と稲作を始める倭人 (中公文庫)

拍手[1回]

PR

Comment

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]