忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

父とのこと。 ~我の如何にして文化系となりしか~

最近ひとりっこの娘を持つ「パパ」の人と知り合った。
30歳でパパになったのでうちと同じ組み合わせ。
(私も両親が30歳のときに生まれたひとりっこ長女。)

で、お互いの家族の話とかするのだが
「同じ組み合わせ」のはずなのに様子がえらく違う。

あちらの家庭では
「パパがほしいものを『娘のため』と言い訳して買う
  ⇒娘、まったく喜ばない」
ということが起きるらしい。

うちは逆で
「父が自分の好きなものを買う
  ⇒私も気に入る ⇒私のものになる」
というパターンが多い。
『火の鳥』全巻とか、ワープロとかPCとか。



『火の鳥』(手塚治虫)に限らず、
私の趣味は父の影響を多分に受けていて、
『STAR WARS』『ブレードランナー』みたいな
「お前リアルタイムで観てねーだろ」な映画や
ジャズ、ロックみたいな「古い」音楽に親しんでる理由も
「詳しくないけど父が聴いてたから知ってるし好き」。

あとうちの父は文学青年なので父専用本棚には
文庫本がびっしりだった、私が子どもの頃から。

"私のため"と言い訳して欲しいものを買う
ということをしないどころか
そもそもあまり私にものを買わなかった父だけど
ちょこちょことプレゼントしてくれたものはあって、
私が最初に所有した文庫本は父が買ってくれた
『羊たちの沈黙』原作だった。
ときに私12歳とかそのへん。
レクター・シリーズはずっと好き。

父の好みが(良質な)サブカルチャーだったから
自ずと私もサブカルな好み(ただし安い)に傾倒した
っていうのはすごくあるはずです。



でもこういう「父親と好みがカブる娘」って
少ないみたいですね。
「父親大好き」ってのは珍しくないけど。
前述の「パパ」の話を聞いて気づきました。

生活スタイル的なアレで、子どもの頃は
母にべったり&父と一緒に過ごす時間が
あまりなかったせいかな、とか
痛い自己分析をしてますけれどね。

父が不在だったから、父の本棚や
CD、LDコレクションが「父」の代わりになってて
……みたいなかんじ。

言ってみてるだけだけどね。

拍手[0回]

PR

Comment

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]