忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

マッハで今年を振り返る 〜まんが編〜


私がゆいいつ世の中についていけてるかもしれない分野、まんが。



今年はなんといっても『のだめカンタービレ』の勢いがすさまじかったデスね。

『ハチクロ』と二大巨頭でしたが、『ハチクロ』が「胸キュン」ものなのに対し

老若男女のココロを明るくし、なおかつ音楽的素養もついてしまう

『のだめ』の方が、名作度は高い気がします。

手塚治虫みたいに語り継がれると思います。



のだめカンタービレ 2007年カレンダー のだめカンタービレ 16巻 限定版 「のだめカンタービレ」オリジナル・サウンドトラック



あと今年はオノナツメのアタリ年でしたね!

年初めに『クマとインテリ』を後輩に借りてたら、

見る間にブレークしちまいました。

『生協の白石さん』といい、「人情モノ」が人気の年でしたね。



クマとインテリ OPERA Vol.1-basso/紳士特集-



リストランテ・パラディーゾ LA QUINTA CAMERA~5番目の部屋 さらい屋五葉 1 (1) not simple




でも個人的にいま日本でいちばん面白いと言い張るのは『もやしもん』

「おもしろくて、ためになる」をモットーにしている講談社だからこそ作れた、

「青年誌に連載している学習まんが」。

発売されたばかりの第4巻では、じょじょにですが主人公の内面的な成長もえがかれ、

これからも見守っていきたい作品です。



もやしもん 1―TALES OF AGRICULTURE (1) もやしもん 2―TALES OF AGRICULTURE (2) もやしもん 3―TALES OF AGRICULTURE (3) もやしもん 4―TALES OF AGRICULTURE (4)



あいかわらずやまだないとセンセにはお世話になりっぱなし。

今年は何冊も買いました。

拍手[0回]

この人の作品は、なんども読み返したくなります。

そして読み返すたび、セリフのはしばし、ことばのひとつひとつに

「新鮮ななつかしさ」みたいなものを覚えます。



やまだないと ビューティフル・ワールド ソラミミ 恋に似ている



ビューティフル・ワールド ero・mala―Les maladies erotiques フレンチドレッシング 東京座



イはイチゴのイ コーデュロイ ヤング・アンド・ティアーズ (1) ヤング・アンド・ティアーズ (2)

PR

Comment

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]