忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

いつも隣に在った狂気 ~山岸涼子『天人唐草』『夜叉御前』~

天人唐草―自選作品集 (文春文庫―ビジュアル版) 夜叉御前―自選作品集 (文春文庫―ビジュアル版)


私も大概なんだけど、これを貸してくれた友人(♀)は
さらに「保守的な」価値観の中で育てられていて、
表題作『天人唐草』の、抑圧されついにプッツンしてしまう
主人公は、お互いあながち他人事ではない。

「我々にこのバッドエンドが訪れなくてヨカタ」的なメールをしたら
「式ちゃんからそういう感想が出るとは。
 てっきりジェンダー方面で来るかと思うた」的な返信が来た。
とはいえジェンダーの話は個人の話なんだけどな。

どうも「ジェンダー」という言葉には
「ワガママをあたかも当然の権利のように主張する」
みたいな響きが乗っかちゃってる気がして、ダイレクトに
「ジェンダー」を押し出して主人公の父親を批判しても
却ってタチの悪いわるぐちになってしまう気がしたんだよな。
あとそれによって作品の本質から視線が逸れてしまう気もした。
やれやれ、なんて不便な言葉の持ち合わせしかないんだ

あとうちの家系(特に母方)はアブなげな人が多いので、
「狂気」の見本市みたいなこの2冊はどれも
他人事ならず「読まされて」しまう話ばかりでした。
べつに私に限った話でないと思うけど。

拍手[2回]

PR

Comment

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]