忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  

またそーやって余計なロマンスを ~『天使と悪魔』→『デセプション・ポイント』ダン・ブラウン~

デセプション・ポイント〈上〉 (角川文庫) デセプション・ポイント〈下〉 (角川文庫)


これと『天使と悪魔』を立て続けに読んだのだけれど。

天使と悪魔 (上) (角川文庫) 天使と悪魔 (中) (角川文庫) 天使と悪魔 (下) (角川文庫)


アメリカの人ってほんとにああいうどーでもいい
ラブロマンス・ハッピーーエンドが好きなんですか?(´・ω・)

『天使と悪魔』でら面白かったのに最後がアレで萎えた
『プライドと偏見』のアメリカ版エンディングを
見たときのげんにょりがフラッシュバックした

くちの悪い友だちが
「アメリカ人あたま悪いからああやって具体的に描かないと
 そういう関係になったってわからないんだよー」
とか言ってたけどね★



作品自体は、宗教学的・美術学的要素がなかったし、
初期作ってこともあってか
『ダ・ヴィンチ・コード』や『天使と悪魔』みたいに
引き込まれてイッキ読み、ってことはなかったです。
ふつうにじゅうぶん面白かったですけどね、豆知識多いし

拍手[0回]

PR

Comment

余韻を楽しむ
  • ぶんじん
  • URL
  • 2009-08-30 08:56
  • edit
って感覚はないんでしょうかねぇ、ハリウッド映画。
>ぶんじんさん
  • 紫式子 〔管理人〕
  • 2009-08-30 22:04
小説が余韻を持たせてない以上、
映画においては何をか況やでしょうね。

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]