忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『堀田(3)』山本直樹

HOTTA 堀田 (3)(F×COMICS) (F COMICS)
HOTTA 堀田 (3)(F×COMICS) (F COMICS)


『ジョジョ』みたいな正統派熱血・友情マンガを読みながら
山本直樹なんか読んじゃうのが私クオリティ。

つ、アレでやっと買えました『堀田(3)』です。
(1)(2)はブックオフで立ち読みしたんだけど、
案外記憶に残ってなくてキャラ設定がさっぱり「?」(´・ω・)
買ってこなきゃ……。

拍手[0回]



海辺の漁師小屋でえろいこと、というのは
中学生くらいの私も夢見て妄想していたことで、

(ふしぎですね、私山育ちでぜんぜん海の近くとかで
暮らしたこと、ないんだけんどね。)


そういうわけで主人公・堀田の「漁師小屋での思い出」こと
『商品化された性が青少年に与える多大な影響』編は、
公園のゴミ箱に捨てられてた「湿ったエロ本」
同じくらいの「懐かしいニオイ」を私に想起させるのです。

で、この巻「神殿世界」編がない分「商品化~」が多くて、
全体として山本直樹作品の持つ「感傷」が強く出た形になってる。



とはいえ、『堀田』の持ち味って現実生活/夢幻が交錯する
「なんか歪んじゃってる感」
のはずであって、

私たちが読んでいるのと同じ
『商品化された性が青少年に与える多大な影響』を
作中の人物が読んでいたり、森山塔(塔山森)時代の
えろまんがを堀田と友子が読んでいたりして、

なんだか、エッシャーな気分。です。
PR

Comment

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]