忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『バキ特別編SAGA』板垣恵介

バキ特別編SAGA (ヤングチャンピオンコミックス)
バキ特別編SAGA (ヤングチャンピオンコミックス)


内容は★「刃牙はじめてのセックス」です。

以下、読んだ友人と読ませた私とのメール。


拍手[0回]

「梢江にはなんとなくバレー部であってほしい。肩幅的な意味で。
 でも部までは板垣考えてないだろうね」


「ていうか梢江のこと自体、たいして考えてないと思う。
 バキが闘うことを散々いやがるあたり、

  男の夢を理解しない女
   ||
  障害物
   ||
  しかし、だからこそそれに屈しない男の生き様が際立つ!!

 ……っていう役割なんだと思う。
 『最強の夢』に対するかませ犬っていうか」


「地上最強への障害物か。すげぃわかりやすいよ、その読み方!!
 そうだよね……青春群像じゃないもんね……(´・ω・`)」


「上野千鶴子が『風と木の詩』に関して言っていたんだが、
 BLにおいて女子=障害物なんだよ。
 バキは格闘モノだけど『闘う相手と特別な絆が~』とか、
 かなりウホッwな『男の世界』じゃんか。
 実際ホモ(=単一)セクシャル(=性別)の世界だし」


「対戦相手と絆が生まれるエピソードは多いと、あらすじにあったね。
 男児のせかいな訳か
 
 板垣さんは北海道で自衛隊空軍にいたという経歴の持ち主」


「その経歴、すげぃ納得!!」



三日三晩ヤリおわった後、取ってつけたように舞い込んだ決闘で、梢江が

「私もやるッ」
と叫ぶのは、バキが梢江の色香に惑わされることなく
逆に梢江を「男の世界」に引きずり込むのに成功した
という読み方を、個人的にはしています。

男にとってあまりにも都合のいいこの結末は、
レイプ神話にも通じるものがあると思います。

セックス・格闘シーンの斬新さに比べ、
「心配してるんだぞッ この野郎★」
と言って胸元をツンしたり、ひざまくらしてくれたり、
あまりにも古典的な「少女」像が共存してる辺りにも
  理想の「雌」>>>>>>>>>現実の(男の夢を理解しない)女
っていう公式が根付いていて、いっそほほえましいですね。



あ、爆笑はさせてもらいましたよ?



ちなみに私が『バキ』を知ったのは、
なんか「暴力と性」みたいなテーマのサブカル系コラムの挿絵でした。

「梢江、お前がくれた愛の形を――!!」みたいなキャプションが付いていて、
バキが梢江とヤッたのと同じ体位で、敵に技をかけているコマですた。
PR

Comment

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]