忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  

『ソラミミ』やまだないと


ソラミミ
ソラミミ




ナイトー先生、出番ですよ。

釣り目で眼鏡で、西荻窪在住のまんが家「ナイトートオル」は、やまだないと作品ではおなじみのキャラクター。

ファンの間ではやまだないとの化身として認知されている。

そんなナイトー先生主体の短編ばかりが12本集められた単行本。



ナイトー先生が登場する作品は『西荻夫婦』『ポルノ青春狂走曲』等いくつかあるけれど、どれも「周りの人から見た」ナイトー先生で、ナイトー先生自身の目線に立った作品〔集〕はこれが初めてなんじゃないかしら。



『かへおれ』という短編では、奥さんがナイトー先生に

「だけどあたしは許してあげるからね・・・ あんたのそのうしろめたさ・・・」

と言うシーンがある。

これが『西荻夫婦』だったら、恐らくナイトー先生のしょんぼりしたような、眉毛の下がった表情が描かれて終わるんだけど、『かへおれ』では

「カノジョのうれしいコトバとか・・・ それを・・・幸せだと信じられない」

というモノローグが入る。



“複雑な心境”と呼ばれるようなもの、そういうものがコトバに表されている。

だけれどコトバにしたところで複雑なものは複雑だから、やっぱりそのコトバは複雑で、矛盾を抱えている。

でも、だからこそ、コトバに出されて陳腐になるなんてことはなくて、かえって深み・渋み・切なさ、そんなものが後に残る。



やまだないとは元々上手い台詞を書くけれど、『ソラミミ』には特に「クる」コトバが多い気がする。


上にも引いた



「自分の為に なんてものをあんたがおしつけるのは

 誰の為にも生きていない自分のうしろめたさを薄める為でしょう?」

「だけどあたしは許してあげるからね・・・ あんたのそのうしろめたさ・・・」

『かへおれ』をはじめ、



「オレらってめんどくさいのにそういうの求めてるとこがある

 ほっといてといいながら

 ほっとかれることがいちばんコワイ」


『不機嫌猫』

など。

ナイトー先生がインタビューを受けるという設定の『津田沼』では



「聞いて欲しそうな顔をして

 聞かれるとへそを曲げるのは

 俺の嫌〜なとこで

 それゆえ漫画家なんて自意識過剰な仕事をしている」




と、ナイトー先生自身による「ナイトートオル論」が拝見できます。

拍手[0回]

PR

Comment

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]