忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『サプリ 5』『サプリ 6』おかざき真里

サプリ 5 (5) (Feelコミックス) サプリ 6 (6) (Feelコミックス)


珍しくブックオフに出物があって、
フィルムも掛かってなかったから
立ち読み。

そもそも『働きマン』も
あまり好きではないが
(私はちゃんと土日休める生活がしたい)、
『サプリ』はもっと好きじゃない。

と、いうのは、
主人公のミナミが
何をも肯定していないというか、
何も主張していないと言うべきか。

『働きマン』の松方は
「仕事したなーって思って死にたい」
とちゃんと言葉に出している。

でもミナミはそういう訳じゃない。
特にこの巻では
「女の子の中にいるのが合わないから」
「男の中に混じって
 仕事するほうが楽だから」
といった台詞で
そのことが明確にされていた。

ミナミと両想いになっている
カメラマン・サハラも
ミナミと自分との共通点を
「常に溺れていて、
 しがみつけるものに
 しがみついてしまう」
と表現する。

もともとこのまんがでは
「水」に関する描写が多い。
雨による心象表現、
川による内面描写、
バスルームでのセックスシーン
なんてのもあった。

「水」は「流されるもの」の象徴。
製作者側が意図的に
それを使っているとして、
だとしたら何を肯定し、
何を表現したいのか。

『働きマン』は仕事まんがだが、
『サプリ』は恋愛まんがだと
カテゴライズした方がいい。

確かに仕事をしている
シーンもあるし、
ミナミがそれに
やりがいを持っていることも
描写されている。
現実の壁にぶちあたるところも。

しかしどうしても紙幅を
とっているのは恋愛に
まつわるシーンなり描写で、
その恋愛に関してすら
ミナミは「流されて」いる。

芯のないヒロイン。
この作品の、何かがよくて
読んでいる訳ではない。
つい読み進めてしまうのは、
自己嫌悪という形の共感からだ。

いつか『働きマン』も『サプリ』も
素直に読めるようになったら、
私も丸くなったということだろうか。

拍手[0回]

PR

Comment

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]