忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『花ざかりの森・憂国』三島由紀夫


花ざかりの森・憂国―自選短編集
三島 由紀夫
4101050023


昭和53年発行の紙が茶けたやつを、

父親の本棚から拝借して読んでたら

感 心 さ れ ま し た



・・・・・・( ・ω・)





流麗な文体も、

登場人物たちのやるせなさも、

平成になった今なお衰えていないのは

さすがミシマ。



『憂国』だけは映画観てすぐ

立ち読みしたんだけど、

改めて読み返して、

「あぁ、こうなりたかったんだろうなぁ……」

「実際、自決後の世ではどう見られてるかなぁ……」


と、思い巡らせてみたり。



森村泰昌がね、

三島由紀夫の自決を

「戦後日本のトラウマ」

みたいに言っていたんですよ。



確かに、なんとなく、言及するのが

はばかられてしまう話題
じゃないですか?

誰よりもまず、三島由紀夫の身内が

触れてほしがらなかったようなところがある。

そして日本全体が、そうなっていたような気がする。



ま、そこに敢えて触れようというのが、

いま森村泰昌がやってる試みなのですが……。



本の話に戻ると、ミシマ本人による

作品解説も付いています。

『憂国』については露骨に

力を入れて語っているので、

そちらも必見。

拍手[0回]

PR

Comment

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]