忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『スローグッドバイ』石田衣良


スローグッドバイ
スローグッドバイ




『娼年』に引き続き、読んでみました石田衣良

一発で変換できないから、辞書登録しちゃったよ石田衣良

こちら、恋愛モノばかりの短篇集。

批評家ウケするのは『娼年』の方かもしれないけれど、一般の感覚として好まれるのはこっちかも。



「ちょっと甘口でもいいから、読み終わったあとで心地よい酔いを残すようなラブストーリーにしたいな。」

という本人のあとがきどおりの甘ぁ〜い仕上がりです。

石田衣良の作品って、やっぱちょっと照れくさいんだよな。

『娼年』もこれも、お酒片手にほろ酔い状態で読みました。

素面だと痒くって。。

ジェントルすぎるっつーか。

いちばん弱いところをくすぐられる感じ。

……モテるんだろうなー……。



痒い痒いと言いつつ、いちばん好きなのは? って訊かれると困る。

全作品とも、良い。

うーん、敢えて3つ上げるなら『泣かない』『フリフリ』『ローマンホリデイ』かな。

映画や仕草など、小道具の使い方が後引くタイプの作品ですね。



あと、女性一人称で書かれた『ハートレス』『線のよろこび』は、大塚英郎『ガール』とちょっとかぶった。

他人の生活にすごく想像力をめぐらせるっていう点で、創作姿勢が似てるんですよね、この2人。

でもやっぱり石田衣良は男性一人称が好きだなぁ。

感情の機微の描写が瑞々しくって。

「モテるんだろうなー……」

って感じするし・笑。

拍手[0回]

PR

Comment

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]