忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『キッドナップ・ツアー』角田光代


キッドナップ・ツアー
キッドナップ・ツアー




友だちが褒めていたので、ブックオフにあったやつ買って読んでみました、角田光代。

実現可能性は未知数なんですが、また別の友だちと『空中庭園』観に行こっかー、みたいな話にもなってる。角田光代。



小学生のハルの元に、別居中の父親が突然現れ、「これからお前を誘拐する」と宣言する。

最初はいつもの冗談だろうと思って着いていったハルだが、父親が本気なのがわかり、「逃亡」の旅に同行することになる。

最初は家に帰りたがっていたハルだったが、旅を続ける中で父親への愛着を深めていき、最後には「解放されなくても良いな」とまで思うようになる。



ハルが抱くのは、恐らくあくまでも「愛着」。

「尊敬」の念ではない、少なくとも。

父親のダメなところ・ダメさ加減もきちんと受け入れて、受け入れられたからこそ、父親を素直に愛するようになる。

そんな「きれいごと」じゃないリアルさが、却って心地良かったですね。



しかし角田光代。

『空中庭園』読んだ友だちとも話したんですが、サラッと痛いところ突くよね!

目を背けたい弱さを、サクッと表現してしまう。

だけれど、それだけに付けられる傷は治りが早くて、何より、目を背けてはいけないそれらの部分を直視する勇気をくれる。

好感の持てる作家が増えました。



ハルの一人称で物語が語られていくのに合わせ、語彙が簡単・漢字も少なめ。

ちょっと長めの児童文学って感じ。

たまに出てくる文学的比喩表現が、周囲から浮いてて興醒めだけど、そこはご愛嬌かしらん。

拍手[0回]

空中庭園
空中庭園

PR

Comment

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]