忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

デ・キリコ展




巨匠デ・キリコ展
大丸ミュージアム



やっと行ってこれましたよー。



キリコも、実はよく知らなかった画家

『沈黙のミューズ』と『不安を与えるミューズたち』は知ってるよ〜? くらいな感じ。

知ろうとしなかったっていうかね。

母親の葬式でもかおひとつ変えなかったマグリットが、キリコの絵を見て涙を流した……っていうエピソードで、きちんと知っておかなきゃとは思ってたけど、いかーんせーん、色彩とタッチが私好みじゃなくって。

延ばし延ばしでここまで来たんですが。

「まぁ、こういう人だったのね!

って思わせてくれる展示でした。



展示の中心になっているのは、彼が80歳代に描いた、新・形而上絵画。

ですから所謂「キリコ」と言われて思い浮かぶ作品群ですし、90歳で没したことを考えると、晩年に至った境地を拝見することになる訳です。

ただ、私が興味を持ったのはむしろもうちょっと若い頃の、古典絵画の模写・デッサンです。



上手いんじゃん


なんて畏れ多いにも程があることを思ってみたりもして。。。

あれらの、不安・切迫感がダイレクトに描かれた一連の作品を観て、初めて形而上絵画に漂う特異な雰囲気の正体がわかるのかな、と……。



一見のどかな日常に潜む、ちょっとバランスを崩せばたちどころに現れそうな、不安。

そして、それらを取り囲むように配された、三角定規や幾何学的な立体図形、何よりそれがキャンバス上の「寓意」であるというギリギリの安心感。

だけど、『ヘクトルとアンドロマケ』に見えるこの親密さは本物の気がするぞ?



……そんなことを、感じつつ……だからちょっと居心地の悪い、だけれど何周もしてずっと観ていたいような、そんな展示でした。



そうそう、この人やっぱり大学で理系だったんだね。

道理で。って感じだったよ。

拍手[0回]

画像は、大丸ミュージアムおよび松坂屋のサイトより。

PR

Comment

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]