忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『みんなの手帳』


みんなの手帳―選ぶ・使う・極める!
みんなの手帳―選ぶ・使う・極める!



手帳に関するムックです。

まぁ、2006年の手帳を探し回った際に、手帳の奥深さを垣間見たワタクシがいる訳で……。

すっかりにわか手帳ファン。

そんな私の目が確かなら、このムックはかなり好感が持てます。

「○○の手帳術」みたいに手帳の使い方をああしろ・こうしろって押し付けてくる訳じゃなくて、「こう使ってる人もいますよ〜」「こんな使い方もありますよ〜」「あ、これ良いですね〜、真似されたら如何ですか〜?」みたいな、ほのぼの〜、した、腰の低ぅぅ〜〜い感じがするんです。



内容は、阿川佐和子(ラヴ)の巻頭インタビューに始まり、「気になるあの人の手帳と時間の管理法」「手帳開発者に訊いた最新手帳の使い方」「選ぶ、使う、極める とっておきの手帳術」等々、

 1.楽しく読めて

 2.役に立ち

 3.しかも、口うるさくない
(大事)

絶妙〜なさじ加減の企画ばかりです。

図版の多さ・カラーページの多さも魅力的◎



読んでいる最中はずっと、「へぇ〜、こんな手帳あるんだ〜」とか、「あぁ、こういうこともできるのか!」みたいな、小さいけれど、大事にしたい発見の連続です。

「不確定な予定はポストイットに書いて貼るだけにしておく」とか、「『やりたいこと』『叶えたい夢』を手帳に書いておけば実現する理由&実例」とか。



さりとて気になったのは、このムック、女性がターゲットだってこと。

取材されているのもほとんど女性だし、手帳の使い手も女性であることを前提にして具体例を挙げたりしてるんですね。

ん〜、こういう生活のディテールにこだわるのは女性だってこと?;

それとも女性は新たな手帳市場として開拓されつつあるのか?


拍手[0回]



ちなみにわたくしは、Mark'sの、月間オンリー+メモページたくさん・A5版手帳を購入し、今月頭から使い始めております。




このデザイン。右のは去年のちび薄手帳。


10月のページは言うに及ばず、11月のページも既に真っ黒だ……; でっかい手帳にしておいて良かった。。。



書く欄がでっかいのです。購入当時の画像だから白い。

PR

Comment

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]