忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「山本六三展 -聖なるエロス-」図録



「山本六三展 -聖なるエロス-」という、何ともそそる企画が
Bunkamuraで行なわれていまして、えぇもう終わってしまいましたし、
私は観ることはできなかったのですけれど……。

けれど! けれど!! その図録が!! Webで手に入ります、ありがとうBunkamura!!
Bunkamura オンライン市場「山本六三展-聖なるエロス-」販売ページ



カラー作品だと気付かなかったんだけど、銅版画を見て
「あぁ、澁澤が好きだったあの画家か!!」
と納得。

驚いた、日本人だと思ってなかった、フランス人か何かだと思ってた……。
たぶんピエール・モリニエとごっちゃになってたんだと思う……。
失礼ながら名前の読み方も知らなかったしね。(むつみ って読むんだよ)

澁澤龍彦絡みの資料だと2~3点しか見れませんが、
この図録買えばごっそり1冊まるごと山本六三なので、じっくり堪能できます。



いいよねぇ、華奢な体型に硬そうな肉質、東洋人の感性にグッとくる中性性表現だよね。
クラーナハ(クラナッハ)の描く思春期の少女みたいな裸婦もいいけれど、
あのムッチリ張った肉の感じはやっぱアングロサクソンの女子の描写だよね。なんて思う。

病的な身体表現に、人物たちの妖艶な視線、神経質的に細い線から生まれる薄暗さ。
そこに描かれる扇情的なポーズの少女たち、濡れ場。これはいい暗エロ!

ビアズリーみたいな「オフザケ」も無くて(笑)、ひたすら耽美、ひたすら耽溺。
2001年に61歳で逝去かー、渋澤先生、あんまり沢山連れていかないでください……。

拍手[0回]



澁澤龍彦 幻想美術館
澁澤龍彦 幻想美術館

PR

Comment

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]