忍者ブログ

紫式子日記

メインが耽美系アート・映画・絵画から、文房具・ライフハックに移行しています。だいぶ世俗化しました……。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

識一不知二

一を識りて二を知らず。

荘氏の言葉で、「物事の一面だけを知って他の反面を知らない。見識の狭いこと。」って意味らしいです。

スタートアップウィンドウで毎日「今日の言葉」が出るようにしているんですが、これが今日の「今日の言葉」でした。

なんでいきなりこんなのを取り上げたかと言うと、今日まさにこの言葉を実感する体験をしたからなのです


拍手[0回]

『「NO」と言える日本』についての記事が下にあるかと思うのですが、ゼミで「石原慎太郎」を取り上げるから読んだんですね。

で、今日は同じ班のみんなとプレゼンに向けての話し合い。

場所はカフェテリアを使っていました。



と、そこにインテリ風の、ともすれば教授っぽい老紳士が私たちと机上に広がる『「NO」と言える日本』『太陽の季節』をねめつけて通っていきました。

席をお探しになっていたわけなのですが、しばらくしたら戻ってこられて、私たちの横のテーブルに陣取られたんですね。

まぁ、冷や汗モノですわな。



それでも押し黙るのは不自然ですから話し合いを続けていたら、

「聞かせてもらっていいかな? 若い人の意見というのは滅多に聞けないから」

とおっしゃる。

しかもタダ聞きは悪いからと、コーヒーをおごってくださった。

まぁ、想定の範囲外ですわな。



お話を伺うと、現在68歳のW大OB。

大学進学率10%の頃のW大ですから、そりゃもぉインテリです。

しかもその時代で、商社に勤め海外駐在もなさってたとのこと。

エリートですね。

進学率80%行った現在じゃあ想像を絶するほどのエリートです。



で、私たちはそれまで石原支持層である60歳代、70歳代をかなり見くびって議論を展開していたんですよ。

ところが。その方にお聞きすると。



  石原氏ほど歴史的・文化的教養のある政治家は今のところいない

⇒ 石原氏ほど、外交で他国の要人と渡り合っていける政治家もいない

⇒ 60歳代、70歳代は石原氏と歴史的体験を共有しているので、石原氏のマトモさがわかる



……みたいな……。


「歴史的体験」ってのはつまり、全共闘時代を経て、それでも結局ソビエト崩壊して、「やっぱり共産主義はダメだった」ってところで、石原氏の主張が裏付けられていく過程を見てきているとかそういうことです。

あと、アジア諸国の要人は歴史的討論で負かされちゃうから、石原氏と会いたがらない、とかね。



ですから! 「石原氏を支持する60歳代、70歳代」のナマの声を、期せずして聞いてしまったわけです!

ジーザス! びっくりだよおかあさん!

しかも(上の私のまとめ方だといかがわしく見えるけど)インテリ階級の方だけあって、話に説得力があーるある

かいつまんで言えば! 「石原氏を支持する60歳代、70歳代にも正当な根拠があるんだよ」ということを知らされたわけです!



もぉ、「なぜ石原慎太郎は60歳代、70歳代に支持されるのか?」の正解VTRを収録しちゃった感じ。

もちろん↑はインテリ階級ならではの石原氏支持根拠ですし、それ以前にその方個人のご意見ですから、これ事態検討の余地はあるんですけどね。

(想定外)フィールドワークの一環として。



ホント、知らないって恥だなと。

識一不知二ってこのことかなと。

別にその話で私の政治的見識がどうなったとかそういうことも実はあんまりなかったりするんですけど、実体験って大事だな、みたいな。



まぁお陰様で私たちのプレゼンの方向性もだいぶ変わり、老紳士去りし後まとめ方に一苦労した文学部生たち、だったのですが。

よよよ。
PR

Comment

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする

HN:
紫式子
HP:
性別:
女性
趣味:
ぱっと見文化的なこと
自己紹介:
なんか王道はずれてるのが好き。
テーマにまとまり無くてすみません。
残念ながらこれが私です。

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]